大ナゴヤ大学

授業詳細


レポートUP

彫刻家はしもとみお先生による「あおぞら木彫り教室」
 〜テレビ塔で”リス”を彫ろう〜


カテゴリ:【アート/ものづくり】
定 員 :10人

参加対象:どなたでも (彫刻刀を扱うため、お子様の参加は、小学校高学年以上からお願いいたします。)
開催日時:2012年10月21日(日) 13時00分 ~ 15時30分
教室:名古屋テレビ塔 タワースクエア(Tower Square) 
先生: はしもと みお / 木彫 彫刻家 
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック

※1:本授業の抽選は2012年10月16日(木)に行います。
(抽選予約受付は10月16日(木)13時までとなります。)
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、
 2012年10月18日(木)18時まで、先着順でお申し込みを受付いたします。
※3:参加費として3000円を頂戴します。
※4:彫刻作業をしますので、汚れてもよい服装でお越し下さい。
※5:12:45より、テレビ塔下にて受付を開始します。(大ナゴヤ大学のバナーが目印です。)


10月20日・21日はテレビ塔下を中心に、「SOCIAL TOWER MARKET」が開催されます。

マーケットには、こだわりのあるモノづくりや愛すべき価値のあるもの、
古い・新しいに関わらず、それ自体にストーリーがあり、深い想いがあるもの・・
たくさんの想いがつまったお店や作家が、全国からあつまります。

そんな想いを持った作家さんの一人に、動物の木彫彫刻家はしもとみおさんがいます。
はしもとさんが作る作品は今にも動き出しそうなほど、精巧で表情豊か。
SOCIAL TOWER MARKETでは、テレビ塔の下でくつろぐ動物たちに会うことができます。
展示を楽しんだ後は、動物の彫刻作りにチャレンジしてみませんか?
小さな彫刻なら、初心者でも作れるのだそうです。
今回は、はしもとさんを先生にお迎えし「あおぞら木彫り教室」を開催します!

10月21日(日)に彫る動物は、「リス」。
森のにんきもの、小さなリスをみんなで彫りましょう。
初めての方も大丈夫、せかいにひとつのリスの彫刻をつくりましょう。
シマリス、エゾリス、どんな種類でもチャレンジしてみましょう。
ドングリも持たせたりできるかもしれません!

「彫刻なんて、したことがない・・」と心配なあなたでも、大丈夫。
先生が、丁寧に指導してくださいます。

「秋空の下、テレビ塔のふもとで木彫りを彫る」という、めったにないシチュエーション。
リス好きさんの参加、お待ちしています。

授業の流れ
12:45 受付開始
13:00 授業開始、注意事項説明
先生紹介、自己紹介
13:15 彫刻開始
15:00 彫刻発表
15:15 片付け
15:30 記念撮影、終了

はしもと みお / 木彫 彫刻家

動物たちの肖像彫刻を主とし、 世界各地から肖像制作の依頼を受け制作中。 各地で展示会の他、絵本制作、ワークショップなど、 動物に関わる多方面で活躍中。絵本「神様のないた日」全国タリーズで発売中。 http://kirinsan.awk.jp/

今回の教室:名古屋テレビ塔 タワースクエア(Tower Square) 

住所:名古屋市中区錦3-6-15先
※最寄駅:地下鉄東山線、名城線「栄」駅、地下鉄名城線、桜通線「久屋大通」駅より徒歩5分。
地図を見る

1954年(昭和29)、日本で最初に建設された集約電波鉄塔。地上90mのスカイデッキと地上100mのスカイバルコニーからは、昼は濃尾平野だけでなく中部山岳の山々までの眺望を、夜は煌く夜景が楽しめる。4階にはレストラン「THE TOWER RESTAURANT NAGOYA」がある。国の登録有形文化財に指定。

http://www.nagoya-tv-tower.co.jp/

テレビ塔下を中心にSOCIAL TOWER MARKETが開催された10月20日、21日。
マーケット出店者のはしもとみおさんを先生としてお迎えし、土曜日、日曜日両日、木彫りのワークショップ授業が行われました。

はしもと先生は、主に動物たちの肖像彫刻を制作する彫刻家。
先生の作りだす木彫りの動物たちは、表情が豊かでまるで本当に生きているみたい。
SOCIAL TOWER MARKETでは素敵な作品たちがたくさん展示されていました。

そんな作品たちの横で、「あおぞら木彫り教室」は連日大盛況でした。
レポートでは、2日目の様子をお伝えします。


1日目の土曜日は猫を作りました。
2日目のこの日、先生に教わるのは、リス!
秋にぴったりの動物ですね~。

受付後、生徒さんはさっそく彫刻刀を手に持ち、先生から掘り方を教わっていました。

まずはリスのしっぽから。
顔は細かくてすこーし難しいので、慣れるためにしっぽから彫り出してゆくそうです。

左手で木を固定し(左利きの方は逆ですよ!)、右手で彫刻刀を持って彫ってゆくのですが、ここで先生からちょっとアドバイス!
「支える左手は、彫刻刀より手前に置いて」
手を切らないため、ですね。

彫刻刀は基本的に、自分が彫りやすいと感じたものを使ってOK。
はじめはざっくざっく彫ってゆくため、平刀や大きめの丸刀を使う方が多かったです。

彫刻刀って、久しぶり…
小学校時代の版画を思い出しますね~!

彫りはじめると生徒さんからは、
「わ、かたい!」
「むずかし~!」
などの声が聞こえてきました。

思っていたより木はかたく、彫るのに力がいるようです。

恐る恐る、少しずつ彫っている生徒さんに、はしもと先生から
「思い切ってほっていいよ~」とのアドバイス。
はじめの段階では、あまり細かな形にこだわらず、大まかにざっくり彫っていくとよいみたいです。

さて、はじめは様子見だった生徒さんたちも、しばらくすると…

…。

……。

………。

ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ。


…真剣です。
木彫りの世界にどっぷりと。

いつもなら、生徒さんとのお話を楽しむスタッフ一同ですが、今日はもう見守るのみです!
生徒さんの集中力、すごい!
手つきも慣れてきた、生徒さんたち。
どんどんどんどん、彫ってゆきます。


しっぽの次は、顔を彫ります。
耳の部分が細かくて、すこし難しそう…
そんな時は先生を頼ります!
彫り方のコツなど、優しく教えてくださいました。

だんだんリスの形になってゆくのを見ていると、私たちもわくわくしてきました。
どんなリスたちが生まれるのかな~。


いつのまにか、リスを彫り続ける生徒さんの周りには、たくさんのひとが!
「なにやってるの~?」
「私もやりたかった!」
など、マーケットのお客さまなどが、木彫り教室に興味を持ち、様子を見ていってくれました!

彫り続けること、約1時間半。
リスの形になってきました~。
それでは、そろそろ色づけに。

アクリル絵の具で、色をつけてゆきました。

そして…
完成です!!

みなさんの作品を机に並べると…

「可愛い!!!!!!!!!」

それはもう、すごい歓声が。

生徒さんから、先生から、スタッフから、周りのみなさんから、大絶賛の声、声、声!
(写真、ご覧ください!この出来栄え!)

どのリスさんも、とても表情が豊かで、みんな違う顔をしていました。
色も形も、同じものはひとつもなく、個性あふれるリスさんたちが生まれました。

ひとりずつ、作品の発表をしてゆき、先生からコメントをいただきます。
先生がリスさんを持ち、
「この子のおかあさんはどなたですか?」
と生徒さんに。

「おかあさん」。
作品への愛情がうかがえます。

生徒さんが「わたしの子が一番かわいい」と嬉しそうに言うと、先生がにっこり。
「それはとてもいいと思います!自分が作った子が一番かわいいですよね」、ですって。

ほっこりしました。

秋空の下、木のあたたかみが感じられる、素敵な授業でした。

生徒のみなさん、はしもと先生、ありがとうございました!



(ボランティアスタッフ:かとうともこ)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/188/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

大ナゴヤ大学のTwitter

大ナゴヤ大学のfacebook

大ナゴヤ大学のインスタグラム