大ナゴヤ大学

授業詳細


レポートUP

勤労感謝の日。これからの「働く」について考えよう。
「名古屋レイブル100人会議」開催!


開催日時:2012年11月23日(金) 13時00分 ~ 16時30分
教室:名古屋クラウンホテル 3F 富士(1)
先生: NPO法人 場とつながりラボhome’s vi /
カテゴリ:【コミュニケーション】
定 員 :100人

  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
11月23日は「勤労感謝の日」。

ちょっと立ち止まって周囲の状況を見回してみると
「働きたい」という意志を持ちながらも、
働く機会を持てず悩んでいたり、社会と接すること・人とのコミュニケーションに
不安を抱えているという人が身近に居ることに気づきます。

「はたらくって何だろう?」

「卒業したら、就職」に疑問を持ち、バックパッカーとして世界を巡ったり、
ボランティア活動やNPO・NGOへのインターン参加など、積極的に取り組む若者が
居る一方で、

「『人とのコミュニケーション』に不安を感じてしまって」
「やりたい事がみつからない」
「働いてみたものの、職場の人間関係でつまづいて」
「就職活動でつまづいてしまって、なんとなく自信がもてなくて」

という理由から「ニート」・「ひきこもり」と呼ばれる、社会との接点を失っている
若者が全国に63万人居る状況が存在します。

そのような中、大阪で「レイブル」という言葉が生み出されたことを知っていますか?
英語で表現すると"Late Bloomer(レイトブルーマー)"。
"遅咲き"の略で、「働きたいという意思を持ち、就職に向けた行動を起こしているものの、
何らかの事情によって就職に至っていない若者」のことをいう、新しい言葉だそうです。

「ニート」と称される対象の中でも、実は働く意欲を持ち、取り組もうとしている
若者のイメージを変えるべく、「レイブル」という言葉が生み出されました。

今回は、「レイブル100人会議」と称し、東京・名古屋・大阪の3都市で同時開催し、
それぞれの地域での根底にある課題や、自分らしい働き方を考え、未来をみつめてみようと
思います。

当日はゲストもお招きし、楽しみながら「自分・社会」について視野を広める
「対話」をしてみましょう。


「日本の『働く』を塗り替えろ。」
大阪・東京・名古屋「レイブル100人会議」のスローガンでは、あなたの声によって
それらを変えていく機運が生まれる『きっかけづくり』を目指しています。

「レイブルって何?」と興味を示した方から、「遅咲き(レイブル)の何が悪い!」と言いたい方、
仕事・職場環境、これからの進路のことでモヤモヤしている、現状を少しでもよい方向に
変えていくきっかけが欲しいという方は、この機会に一緒に考えましょう。


【会場】
 名古屋クラウンホテル 3F 「富士1」
 ※会場は「畳仕様」となりました。畳の上で用意した"みかん"片手に話す・聴く雰囲気を準備致します。

【スケジュール】

12:40 受付開始
13:00 名古屋レイブル100人会議スタート
    オープニングムービー上映
    主催者挨拶
13:15 応援芸人さんゲストトーク
    ゲスト:浅越 ゴエさん(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)
        ヤナギブソンさん(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)
13:30 浅越 ゴエさん・ヤナギブソンさんも一緒に自己紹介タイム
     (チェックイン、アイスブレーキング)
13:55 グループに分かれテーマについて順番に話し合う「ワールドカフェ」
     前半テーマ: 「ニート問題は何が課題?」
     後半テーマ: 「僕らの生み出したい未来の社会はどんな姿?」
    ※途中、休憩タイム

15:20 気になったテーマ、化学反応が生まれそうなグループに分かれて話し合う
     未来についての「プランニングカフェ」
     前半テーマ: 「未来の地域や社会の仕組み(雇用や仕事に関する)」
     後半テーマ: 「新しい生き方・考え方の提案」
16:05 共有タイム(グループのうち3組程度の発表タイム)
16:15 エンディング
    ハーベスト
       チェックアウトの代わりとして付箋などに
       本日の収穫・感想等を記入して壁に貼っていきます。
    記念撮影
16:30 終了

本イベントは、「勤労感謝の日」に東京・名古屋・大阪の3都市総勢300名によって
日本の「働く」について語り合う取り組みで、大阪は「レイブル応援プロジェクト大阪一丸」、
東京会場は「NPO法人グリーンズ」、名古屋会場を「大ナゴヤ大学」のコラボレーションによって
同時開催することで、より多角的・幅広い意見を抽出し、働きづらさを感じる若者のための
就労環境整備に寄与することを目的としていることから、「レイブル」に限らず、
テーマに関心がある若者全般を対象としています。


【「レイブル100人会議」の東京・名古屋・大阪 3都市開催について】



昨年、大阪府では、全国で63万人ともいわれるニート状態の若者が約5万5千人にものぼる
ことから、勤労感謝の日に「大阪ニート100人会議」を開催し、この状況を脱して新しい状況を
生み出そうと新語「レイブル」を提唱しました。

この取り組みに呼応し、今年、東京・名古屋でも「勤労感謝の日」に「レイブル100人会議」を
同時開催形式で行う事となりました。



【スペシャル応援団!】

 浅越 ゴエさん


ヤナギブソンさん

【名古屋会場:主催】
 大ナゴヤ大学

【共催】
 大阪会場:レイブル応援プロジェクト大阪一丸 http://osaka1gan.jp
 東京会場: NPO法人グリーンズ http://greenz.jp

【協力】
 NPO法人Home's vi http://homes-vi.com
 株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー http://www.yoshimoto.co.jp/


【関連サイト】
 ・三都市レイブル100人会議(特設サイト)  http://osaka1gan.jp/kaigi2012

 ・大阪レイブル超就活|【大阪一丸】レイブル応援プロジェクト  http://osaka1gan.jp/choshukatsu

 ・大阪一丸レイブル応援プロジェクト 報告書   http://osaka1gan.jp/pdf_data/2011_houkoku.pdf

(授業コーディネーター: 大野 嵩明・加藤 幹泰・加藤 慎康)

NPO法人 場とつながりラボhome’s vi /

NPO法人「場とつながりラボhome’s vi」は、京都市に本拠地を置き「むすび=結び・産霊」をキーワードに、対話をベースにした場づくりをおこなっている、「場づくりの専門家集団」です。ファシリテーション手法やIT技術を活用し、NPOや各種団体、企業などの中間支援・まちづくり・研究開発の事業に取り組んでいます。 主な実績:「京都市未来まちづくり100人委員会」(2009~11年)事業の企画運営      「京田辺市市民活動養成講座」(2011~12年)      「京都市上京区サイト運営とオリジナルマスコットのPR事業」(2012年)       他、企業や大学での組織開発・ワークショップなど多数 ■ホームページ  http://homes-vi.com

今回の教室:名古屋クラウンホテル 3F 富士(1)

住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-8-33
電話番号: 052-211-6633

(お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。
 授業内容につきましては、大ナゴヤ大学までお尋ねください。)
地図を見る

名古屋市内随一の天然温泉大浴場があるホテル。
地下鉄伏見駅から徒歩5分、名古屋駅からもタクシーで5分と好アクセス。
ビジネス、観光に大変便利です。

http://www.nagoyacrown.co.jp/

レイブル、という言葉、知っていますか?
レイブルとは、レイトブルーマーの略で、「遅咲き」を意味します。

現在は“ニート”と一括りで呼ばれている就労、学問をしていない若い人々。
その中にも、「働きたいという意思を持ち、就職に向けた行動を起こしているものの、何
らかの事情によって就職に至っていない人」もたくさんいます。
そのような人のことを、前向きな言葉で表現しようと、昨年の勤労感謝の日に大阪で生ま
れたのがこの言葉です。

今回の授業は、レイブルという言葉、レイブルという考え方をより多くの人に知っても
らい新しいイメージへと変えてゆくために、話し合い考える、「レイブル100人会議」です。

なんと、東京、大阪、名古屋の三都市での同時開催!

気軽に楽しく、「働くこと」を見つめなおす機会です。

場所は伏見、名古屋クラウンホテル。
名古屋クラウンホテルは、都会の真ん中にありながら、天然温泉の大浴場を有する名古屋
では珍しいホテルです。

教室として使用させていただく部屋は「富士」という大広間。
畳の部屋で、今回は座布団の上に座るスタイルでの授業です。
100人での授業なので、教室が広い!

そして机の上には、かごに入ったミカンの山。
畳といえば、ミカン。
今回の授業はミカンを食べながら、です。

時間きっかりに、オープニングVTR開始。
昨年の大阪での会議の様子、“レイブル”が生まれた経緯などのVTRです。

VTRが終わり、司会から簡単なレイブルの説明などがあり…
と、ここで、スペシャルゲストの登場です!

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの浅越ゴエさんとヤナギブソンさんが応援に駆
けつけてくださいました!
拍手、拍手、拍手でお迎えです。

ここで少し、ゲストお二人に、「働く」についてお話いただきました。
さすが芸人さんです、トークがとても面白い!

笑いを交えながら、芸人になった経緯などをお話してくださいました。

芸人を志すも、一度は別の道に進んだ浅越ゴエさん。
その後、再びお笑いの世界へ。

大学生の時に吉本の養成所に入所したヤナギブソンさん。
その後、ずっとお笑いの世界で。

お笑いの世界に入った年齢も、それまでの経緯も違うお二人。
それでも、今はこうして芸人として一緒に立れています。

ヤナギブソンさんは、「死ぬまで芸人やりたい」とおっしゃっていました。

残念ながら、浅越さんはここで別のお仕事へ。
拍手でお送りしました!
浅越さん、ありがとうございました!

さて、次は同時開催している東京、大阪と中継です。
それぞれの会場の雰囲気を伝えてもらいました!

中継が終わって、「ワールドカフェ」。
4人~5人のグループに分かれて、テーマについて話し合います。

今回のワールドカフェを担当してくださったのは、NPO法人home's viさん。

ワールドカフェでは、テーマについて、ひとつの答えを出すのではなく議論を深めること
を目的とします。
堅苦しい場ではなく、気軽に!
もちろん、ミカンを食べながらでOK!

一つ目のテーマは、
「レイブル世代が直面している課題とは?」です。

どんなことでも、思ったこと、考えたことをどんどん発言できるのがワールドカフェ。
はじめは様子見だった参加者さんですが、時間が経つにつれて、発言が多くなってきまし
た。

「ニートというレッテルによって、人に本心が話せなくなるのが辛いんじゃないかな」
「前向きに生活できていない気がする」
「職に就けていない人はやりたいことを仕事にしたいと強く思っているけど、それが難し
いのでは?」
「新卒で就職というルートが決まっちゃってることが問題なのかも」

レイブル世代が抱える問題が続々と浮かび上がりました。

「レイブル世代が生み出す社会って、どんな社会だろう?」です。

これは少し難しいようで、みなさん悩んでいる様子。

「色んな生き方、働き方が認められる社会だといい」
「積極的に政治などに働きかけて社会を変えてゆきたい」
「新しいコミュニケーションや絆などのつながりを考えてゆける社会」

みなさん、当事者意識を持って考えてくださっているように感じました。

休憩をはさみ、次は「分化会(マグネットテーブル)」です。

ワールドカフェを踏まえ、自分の気になるキーワードを選び、同じようなテーマに関心の
ある人どうしで集まり、そのテーマについて深めてゆきます。

「働くとは?」
「夢って?」
「多様性」
「教育制度」
などのテーマがありました。

議論が深まると、時間が経つのはあっという間。
そろそろ、終了の時間です。

最後は、「ハーベスト」。
今回気付いたこと、明日から実践してみたいことなどを、それぞれ紙に書きます。

「若い人のいろいろな意見が聞けてよかった」
「見方を変えると人生は変わる」
「人生の選択はひとつじゃない」
「若者が未来をつくる」

開始時は、緊張などから少しかたく見えていた参加者さんの顔は、この時にはもう笑顔、
笑顔、笑顔!

その笑顔で、全員で記念撮影です。

以上で、レイブル100人会議、終了です!
やや長い時間でしたが、時間を感じない、楽しいプログラムでした!

レイブルについて自由に意見を交換することで、レイブルだけでなく、働くことについ
て、参加者さんにとって新たな発見や気付きを得てもらえたのなら嬉しいです。
今回の発見、気付きから、どんどん前向きな変化が広がってゆけばいいなと思います。

ありがとうございました!

(ボランティアスタッフ:かとうともこ)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/192/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

大ナゴヤ大学のTwitter

大ナゴヤ大学のfacebook

大ナゴヤ大学のインスタグラム