大ナゴヤ大学

授業詳細


レポートUP

登山はじめます。〜秋山登山に向けて〜【知識編】


カテゴリ:【スポーツ】
定 員 :15人

参加対象:どなたでも
開催日時:2014年09月14日(日) 10時30分 ~ 12時15分
教室:名古屋市市民活動推進センター
先生: 斉藤 晃 / 公益財団法人おんたけ休暇村 事務局長 / 長野県公認信州登山案内人 / 公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイド / 中部山岳ガイド協会所属山岳ガイド  
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
※参加費としてお一人様500円を頂戴します。(小学生以下無料)
※10月4日(土)・5日(日)に1泊2日の登山授業【実践編/初心者向け】を予定しています。興味のある方はぜひぜひコチラもよろしくお願いします。(近日中に募集予定)

山が好き。
そんな仲間を増やしたくて企画した今回の「登山授業」。

これから紅葉がきれいな秋山シーズンが始まりますね♪

登山に行きたいけれど何を揃えたらいいのか分からないみなさん。
どの山を登ったらいいのか模索しているみなさん。

登山前に知っておきたいアレコレを、今回特別にお借りした
日本のアウトドアブランド『モンベル』さんの商品を手に取りながら一緒に学んでいきましょう♪

先生は、おんたけ休暇村事務局長で山岳ガイドとしても活躍されている斉藤晃さん。
多い年は年間約90日も山を登るみたいで、
週に一度は登山しないとガイドとして体力が維持できないだとか。

授業では、斉藤さんの 他では聞けない!?ココだけの「おいしいお話」を交えながら
山の危険や、登山に必要な装備や服装を見ていきます。

水は何リットル必要?ザックの大きさは?
天気は大丈夫?山頂の寒さは?ご飯はどうする? 
気にしてみたら素朴な疑問は意外に多くて
お店に行っても、一体何を揃えたらいいのかな?と迷うことも多いです。

この機会に、「あると便利なこんなもの!」まで教えてもらいましょう。
最後には、この秋オススメの名古屋から行ける日帰り登山リストも配布予定です。

登山に興味があるけれど始めれなかった方や、最近始めたよという方も、
そしてもちろんベテランさんも♪
短い時間ですが、登山のアレコレ一緒に話せれたら嬉しいです。

ご応募お待ちしています。

(授業コーディネーター / 伊熊志保)


【当日の流れ】
10:15 受付開始
10:30 挨拶・説明・自己紹介
10:45 登山に必要な装備/知識を知る
     装備を実際に身につけてみる
     登山食/この秋オススメの山リスト
12:00 アンケート・集合写真
12:15 授業終了

◆授業では、アウトドアブランド『モンベル』さんからお借りした山用品も展示しています。
 手に取り、実際に違いを感じてみてください。
◆希望者は午後からモンベルショップへ一緒にお出かけしましょう。


斉藤 晃 / 公益財団法人おんたけ休暇村 事務局長 / 長野県公認信州登山案内人 / 公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイド / 中部山岳ガイド協会所属山岳ガイド

小学生で御嶽山登山を始め、以後毎年御嶽登山を続ける。 成人してから、日本アルプス、八ヶ岳の縦走登山や沢登り、山スキー、冬山登山を行っている。 平成16年長野県山岳総合センター登山リーダーコース全課程の受講を修了し、以後、多くの山で登山ガイドを務めている。 ■ガイド歴 ・無雪期 御嶽山、中央アルプス、北アルプス全域、八ヶ岳全域、南アルプス全域、 白山、谷川岳、妙義山、関田山脈、上信越の山、鈴鹿山脈、尾瀬、八幡平、飯豊連峰など ・冬季  御嶽山、中央アルプス、八ヶ岳全域、北アルプス南部、南アルプス南部、白山など ■おんたけ休暇村

今回の教室:名古屋市市民活動推進センター

住所:〒460-0008
名古屋市中区栄三丁目18番1号
ナディアパーク デザインセンタービル6階
地図を見る

地下鉄「栄」駅 7,8番出口より徒歩7分
地下鉄「矢場町」駅 5,6番出口より徒歩5分
※公共交通機関でご来館ください

大ナゴヤ大学では10月4日から一泊二日で、御嶽山での登山授業が開催されます。

今回はその登山をする前に、まずは登山に対する正しい知識を習得しようということで、
夏の暑さも和らいだ中秋のこの日、ナディアパーク内の
名古屋市市民活動推進センターの会議室で「登山授業(知識編)」が行われました。

授業が行われる会議室に続々とやってきた生徒さん達。
室内には、登山者に人気のアウトドアブランドである、
『mont-bell(モンベル)』さんからお借りした山登りで実際に使用するテントや寝袋、
登山用具などが展示してあり、授業開始前まで、生徒さん達はそれらの登山用具を物珍しそうに見ていました。

いよいよ授業が始まり、まずは生徒さん達の自己紹介から。
今回参加された生徒さんは、山歩きの経験はあるけど、
本格的にやったことがないという方がほとんどで、今回の授業に参加された目的は

「山に登って、ご来光を見たり、テントに泊まってみたい」
「登山は行ったことはあるが、道具の知識がなく、技術的な話が聞きたい」
「定年退職後の趣味に山登りをしたいと思って…」

など、「登山」の知識について興味津々の方ばかりでした。

そして、今回の授業の先生をしていただく、おんたけ休暇村事務局長であり、
登山ガイドとしても活躍されている斉藤さんのご挨拶の後、
早速、「これから始める山歩き」と題しての登山講座が始まりました。

まずは登山の歴史として、昔は山岳信仰といった宗教的な目的での登山はあったが、
文明が発展した近代になると、軍事、商業、調査目的での登山が行われるようになり、
最近では中高年世代の山登りブームや山登りの良さを伝えるマスコミの影響もあって
ファッション性をともなった「山ガール」ブームなどが起こったという事を話されていました。

また、登山の目的としては、頂上からの景色やご来光を見たり、
仲間と登って連帯感を育む為であったり、ストレス発散や体力づくり等があるそうで、
斉藤さんが登山中に撮影された美しい山々の景色や雪山登山の様子や高山植物の写真を
プロジェクターでスクリーンに写しだして生徒さん達に登山の素晴らしさを語りかけていました。

しかし、そんな登山の中でも十分な知識を持たずに登ってしまう人がいて、
天候や地形、登山者の油断による条件で毎年多くの転落や遭難による死亡事故が起きてしまっているそうです。

特に、昨年は富士山の世界遺産登録が決定した事による影響で、一気に登山者が増え、
年々増えている登山事故の中でも、昨年の発生件数は300件と特に多かったらしく、
そんな登山事故の原因を、実際に事故にあって亡くなってしまった方などの事例も交えながら、
いかに登山に対する知識が大切かを伝えていました。

そして、実際に登山するにあたっての危険回避の知識として
「楽しい山歩きには、健康が一番」ということで普段から
運動による体力づくりと健康に配慮することが大事である事や、

「山でのトラブルなんていくらでもある」

ということで、登山の事前準備、計画も大切で、
登山しようとする山の難易度なども参考にして自分の体力に合っているか、
また、もしものトラブルにも対処できるように余裕をもって帰ってこられるか等をしっかり考慮するようにと、
やさしいながらも、気をつける点はしっかりとした口調で、生徒さんに話しかけられていました。

そして最後に、登山の豆知識として、登山用具を揃えるにあたって、
モンベルさんのような品質の良いブランドで揃えたほうがいいものとして、

「シューズ」、「ザッグ」、「レインウエア」

について、どの点に気をつけて選ぶべきかを細かく教えて頂きました。
その他、服装に関する注意点、実際の山歩き中に気をつけることなど、
ここでは書ききれないような様々な情報を教えて頂いた後、
実際にモンベルさんからお借りした品質の良いレインウェアや
登山用品などの実物を実際に生徒さんに手にとってもらいながら、
斉藤さんにさらに詳しい説明をして頂きました。
生徒さん達も、目からウロコの解説に、へぇ〜と大きく頷いたり、一生懸命メモをとっている方もいました。

さらに授業後は、生徒さんの中で希望される方と一緒に
斉藤さんとナディアパーク内にあるモンベルショップに向かい
陳列してある商品を前に、解説してもらいながらお店を見て回りました。

登山ガイドさんが、直々にお店にまで付き合ってくれて色々教えてくれることなんて滅多にありません!
これには生徒さん達も大満足の様子で、
「もっと登山のことを深く知りたかった、時間が足りない!」と言う方や、
10月の登山授業に参加したいけど、実際何を用意すればいいかと問い合わせてくださる生徒さんもいました。

また、授業後の生徒さんの感想に中に、とても参考になって
よかったという事の他に、
今回の先生である斉藤さんの人柄がよかったということを言われている方がいました。
授業では、斉藤さんが丁寧なプレゼン資料とわかりやすい解説、
モンベルショップでの各生徒さんへの道具選びの親切なアドバイスなど、
やはりずっと山登りをしていて、普段から自然の美しい景色を見ている方というのは、
心も美しいのだなと思いました。

登山授業(知識編)は座学でありながら、斉藤さんの素晴らしい
解説とモンベルさんのご協力により、とても面白い講座となりました。
今回の授業を受けた生徒さんが、実際に登山に行かれた時に、
きっと「あの時の授業を受けておいてよかったね」となることでしょう。

(レポート担当:ボランティアスタッフ 河津 一輝
 カメラ担当:ボランティアスタッフ 松田 直子)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

1. 先日はありがとうございました。

斉藤さんのお話はとても興味深かったですし、他の参加者の方やスタッフの皆さんと過ごした時間が楽しかったです。
また、続編など機会があったらぜひ参加させていただきたいです。
2014年09月18日(木) 22時20分(まさみ)
ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/266/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

大ナゴヤ大学のTwitter

大ナゴヤ大学のfacebook

大ナゴヤ大学のインスタグラム