大ナゴヤ大学

授業詳細


レポートUP

少女漫画偏愛主義
~女の子はいつだって「魔法」が大好き!~


カテゴリ:【漫画、カルチャー】
定 員 :15人

参加対象:どなたでも
開催日時:2015年09月12日(土) 09時45分 ~ 11時30分
教室:ヌンクヌスク鶴舞公園
先生: 兼岩 孝 / 昭和土木株式会社 理事 
  • 授業情報
  • レポートUP
  • フォトレポートUP
  • コメント・トラックバック
参加費として 500円 +1ドリンク代( 500円) を頂戴させていただきます。
普通の女の子がひょんなことから魔法を手に入れて、魅力的に変身したり強くなる…。
そんなマンガやアニメの中の女の子の姿に、目をキラキラと輝かせて憧れていた。
そんな時代、ありませんでしたか?!
私は、ありました(笑)
おもちゃの「魔法のスティック」を買ってもらうと
本当に変身できるような気になったりして…。

「どの時代も魔法の世界に女の子は憧れますよね」
そう熱く語るのは今回の先生、兼岩さん。
少女漫画を読みながら大人になった女性と思いきや、
栄のオアシス21で働く貫禄ある素敵なおじさまなのです。
でも、話している姿はキラキラしていて乙女そのもの!
そして、とってもマニアック!

そんな兼岩さんにお話を聞いていると、どうやら最近の魔法少女をとりまくストーリーは
一昔前の「普通の女の子が変身して、ちょっとドタバタしながら、ステキに問題解決!」というような、
単純なものではないよう…!
いったいどんな世界になっているのでしょう?!

今回は、乙女おじさま(笑)の兼岩先生と一緒に、
魔法少女は時代と共にどんな変化をとげているのか、
コスプレの主役とも言える、美少女戦士が与えたインパクトはどんなものだったのかなどなど、
さまざまな角度から少女漫画を紐解きます。

今回は思い切ってどっぷり少女漫画の魔法の世界に浸ってみませんか?


【当日の流れ】
9時30分 受付開始

9時45分 スタート
◎ 魔法と変身が紡ぐ少女の夢
  第一期、二期魔法少女ブームなど少女漫画の歴史をひも解きます。
◎ 魔法少女と大人の事情
  社会的インパクトを与えた少女マンガとお金の話
◎ 漫画でしか表現できない「変身」「魔法」
◎ 少女が大人に変身したその後は…
◎ やっぱり私が少女漫画を愛する理由
  みなさんの感想も聞かせてください!

11時20分 ふりかえり アンケート&記念撮影
11時30分 解散

授業コーディネーター/青木 奈美

兼岩 孝 / 昭和土木株式会社 理事

1955年1月15日 名古屋市内で生まれる。ちなみに、1月15日は「エースをねらえ」宗方コーチの命日。私が宗方コーチの生まれ変わりと称せられる所以である。 ・小中高と楽しく、幸せな学校生活を送る。 ・その後、大学受験には山ほど失敗! ・東京で2浪目の下宿生活を送っている最中に、萩尾望都「ポーの一族」に出会い、人生が変わる。ここから少女漫画漬けの生活となる。 なぜか大学にすべりこみ、「SF研兼漫研」を立ち上げる。同人誌を創ったり、コミケやコミカで同人誌を売ったり、社会人1年目で日本SF大会のスタッフに潜り込んだりする。この頃、名古屋に最後まで残った貸本屋「ネオ書房」で少女漫画の研究に励む! 社会人としては、名古屋市内で橋を造ったり、トンネルを掘ったり、自転車を整理したり、ホラを吹いたり、色々と文句を言われたり・・・役人(土木屋)をしていました。 ・めでたく還暦を迎え、市役所を退職。栄にある「オアシス21」の管理運営業務を経て、現在は土木会社の理事として活躍中。

今回の教室:ヌンクヌスク鶴舞公園

住所:愛知県名古屋市昭和区鶴舞1丁目1−168 
鶴舞公園内緑化センター横


地図を見る

鶴舞公園の中にある焼き菓子カフェ、毎日美味しいケーキやパンが楽しめます。

ホームページ:http://www.nuncnusq.jp

今回の教室は鶴舞公園のカフェ、ヌンクヌスク。
講師は少女漫画を愛して四十年のおじさま、兼岩先生です。
「一度は先生と呼ばれたかった!いつ声がかかるかと待ってました」と、
とっても張り切っておられるご様子です。



机の上には先生の愛蔵書がずらり。
「好きな本はいろんな人に貸しちゃうから、ぼろぼろになっちゃうんだけどねー」



集まった生徒さんはディープな漫画好きばかりかと思いきや、
「漫画のことをよく知らないから来てみました」「少年漫画は好きだけど、
少女漫画はあまり読んだことないです」と、初心者の方も意外と多いようです。
共通しているのは、兼岩先生のキャラクターに惹かれて参加したということかもしれません。



そんな兼岩先生は、「紳士なおじさまではなく、ぎらぎらのエロオヤジと呼ばれたい」
「実はバービー&リカちゃん人形研究家でもあります」と、自己紹介からとばしておられます。
いったいこの授業はどこに向かうんでしょうか。授業中の話題は、漫画・アニメを始め、
映画からCM、おもちゃ、ジェンダー論にいたるまで古今東西を飛び回り、とてもここでは紹介しきれないので、
今回は先生の半生をたどるかたちでご紹介します。



もともとはSF少年だった先生を変えたのは、萩尾望都『ポーの一族』との出会いでした。
美しく繊細な絵、時代を行き来する壮大な物語。こんな漫画があるのかと衝撃を受けた先生は、
大学に入ってSF研兼漫研を立ち上げ、少女漫画にどっぷりの人生を歩み始めるのでした。
「貸本屋に通いつめて、当時流通している漫画の8割は読んでいましたね。素晴らしい漫画と
同じ時代を生きてこられて本当に幸せです」今や、そんな漫画たちをよりどりみどり楽しめるなんて、私たちも幸せです。



時は流れ、兼岩先生のお子さんも同じ大学に入学し、漫画サークルに入ったそうです。
ひょっとして…と思って詳しく聞いてみると、「部室にあった古い名簿の一番上にお父さんの
名前が書いてあった!」とのこと。お子さんの入部により、自分が作った研究会がまだ続いていたことを知った先生。
今は創設者として、ときどきお子さんと一緒に研究会に顔を出しておられるそうです。

そして今日の生徒さんの中に、「実は私、大学時代の兼岩先生にお会いしたことがあります」という方が。
中学生の時、兼岩先生のSF研兼漫研を訪ねたそうです。「兼岩さん、大学生のころから全く変わっていませんね」
「君も!いやー、まだ中学生なのに僕らが作ったSFクイズやパズルをすらすら解いちゃって、驚いたよ。
お互い年をとりましたね!」30数年ぶりの再会にも関わらず、昨日のことのように目を輝かせて語り合うおふたり。
先生の人生もドラマティックな物語にあふれておられるようです。



先生は職場でも漫画の話になると止まらないんだとか。アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の映画版を観た時は、
衝撃のあまり、若手社員を相手に語り続けたんだとか。「あれは『ポーの一族』に続くセカンドインパクトでした。
若い人ならこの感動を共有できると思って話しかけたんだけど、相手は全然わからなかったようで、困惑されてしまいましたね~」

先生がそこまで漫画を愛する理由は…「男性にとっては、少女漫画は新しい世界。女の子と男の子は分かりあえるのか?
漫画を読むたびに新しい驚きがある。まさにセンス・オブ・ワンダーです」

こうしてあっというまに1時間の授業が終わり、生徒さんからは「未知の扉を開いた気がする」という声があがりました。
授業後のフリートークタイムでは、好きな漫画を熱く語る人もいれば、先生の蔵書を夢中で読みふける人も。
みなさん、先生の魔法にかけられちゃったようです。



さっそく漫画が読みたくなった方のために、先生の厳選漫画リスト(変身・魔法変編)を大公開!

===============================================
『綿の国星』大島弓子:少女漫画版「吾輩は猫である」。
『絶対安全剃刀』鷹野文子:認知症のおばあちゃん、自己認識は小さい女の子。
『イグアナの娘』萩尾望都(はぎおもと):娘がイグアナにしか見えない。
『日処所天子(ひいづるところのてんし)』山岸涼子:聖徳太子は超能力者。
ジョジョ立ちにも通じる美しいポーズ。
===============================================

さあ、みんなで未知の扉を開けちゃいましょう。



(レポート担当:ボランティアスタッフ 屋木 紗也加
カメラ担当:ボランティアスタッフ 安達 恒明)

※写真をクリックすると拡大します。


 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/317/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

大ナゴヤ大学のTwitter

大ナゴヤ大学のfacebook

大ナゴヤ大学のインスタグラム