大ナゴヤ大学

授業詳細


満員締切

ぶらり名古屋〜遊郭の面影が残る街 中村区大門界隈〜


カテゴリ:【まち歩き/歴史・文化】
定 員 :15人
受付開始:2017年03月08日(水) 13時00分
受付終了:2017年04月07日(金) 13時00分
参加対象:どなたでも
応募方法:先着
補足:※集合場所(受付開始9:45〜):地下鉄東山線「中村日赤駅」南改札口付近(2番出口方面)
※大門界隈で開催します。授業後も引き続き、大門界隈をお楽しみください。
当日の持ち物:歩きやすい服装と靴でお越しください。
開催日時:2017年04月08日(土) 10時00分 ~ 12時30分
教室:名古屋市中村区大門界隈
先生: 吉岡幸夫 / 中村まち歩きマイスター 
  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
【参加費用】
※参加費としてお一人様1,500円頂戴します。(保険料含む)
※大学生以下は、参加費1,000円。(学生証等を提示ください)
※中学生以下は、保護者同伴に限り参加費不要。(事前に事務局まで連絡ください。)

【集合・解散場所】
※集合場所(受付開始9:45〜):地下鉄東山線「中村日赤駅」南改札口付近(2番出口方面)
※大門界隈で開催します。授業後も引き続き、大門界隈をお楽しみください。

【その他】
※雨天決行。警報や注意報が発令されるなど荒天時は中止します。中止の場合は、開始時間の2時間前までに連絡いたします。
自分の住んでいるまちの物語。皆さんは、どれぐらい知っていますか?

名古屋駅から15分程歩いていくと、どこかなつかし昭和の色が残るまちに出会えます。
そこは、1923年(大正12年)に大須から遊郭が移転し一大歓楽街となったまち。
しかし、1958年(昭和33年)の売春防止法により、多くは転業・廃業を迫られることに・・・。

ただ、戦災に逢うことなく、遊廓時代の建物は徐々に取り壊されつつありますが、一部まだ残存しています。
建物以外にも、目を凝らせばその頃のまちの記憶が見えてきます。

今回の授業では中村区まち歩きマイスターの吉岡さんを先生に迎え、大門界隈に残るまちの物語を学びます。
先生と一緒にまちを歩きながら、遊郭時代の面影が感じられる場所や風景、
その時代の建物を見ながら、当時のことに想いを馳せましょう。

名古屋市中村区のまちの物語を知りたい方はもちろん、
遊廓時代の建物も残存しているので古民家好きの方も楽しめます。


9:45 受付開始 中村日赤駅 南改札口付近(2番出口方面)
10:00 授業開始
10:10 導入、自己紹介
10:15 まち歩き開始 ※途中で集合写真
12:15 まち歩き終了
12:30 振り返り、アンケート、大門界隈で解散予定

授業コーディネーター:大野 嵩明

吉岡幸夫 / 中村まち歩きマイスター

瑞穂区で40数年過ごし、平成2年に中村区に転居。定年後に中村区のガイドボランティア「中村まち歩きマイスターの会」に入会。中村は戦国武将の豊臣秀吉、加藤清正の生誕地の中村公園と併せて、名古屋駅周辺にリニア、ささしまライブ24の近未来都市の二面性がある古く新しい街です。大正ロマンの面影が残る「中村大門」について学びたい方は、是非一度お越しください。

今回の教室:名古屋市中村区大門界隈

住所:名古屋市中村区大門界隈

名古屋駅から徒歩15程にある、どこかなつかしい昭和の色が残り、かつては、1923年(大正12年)に大須から遊郭が移転し、一大歓楽街となったまち。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/382/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

大ナゴヤ大学のTwitter

大ナゴヤ大学のfacebook

大ナゴヤ大学のインスタグラム