大ナゴヤ大学

授業詳細


終了しました

雇われるでもなく起業でもない働き方!?—ミライの職業訓練校×大ナゴヤ大学—


開催日時:2018年05月13日(日) 13時00分 ~ 15時30分
教室:SHAREBASE
先生: 高野雅夫 / 名古屋大学大学院環境学研究科教授
戸田友介 / 株式会社M-easy代表取締役
カテゴリ:【くらし】
定 員 :15人

  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※参加費として1,500円(ソフトドリンク付き)を頂戴します。
※学生:1,000円
何のために働くんだろう?

生活のため、欲しいものを手に入れるため、社会のため、
自分以外の誰かのため、どれも正解なんだと思います。

では、それらを実現するためには、どんな働き方があるのだろうか?

会社員になる、起業する、フリーランスになるなど・・・。

名古屋など都市部にいると副業などの制度ができつつあり、
働き方の選択肢の幅は広がってきているけれど、
働く(稼ぐ)=「”会社員になる”or”起業する”」が
まだまだ多いのではないだろうか。

一方で、都市部ではない他の場所に目を向けると、
そこには既に多様な働き方が存在している。

3年前から豊田市にある山里では、生きるために必要な技を学び、
仲間とともに実践し、切磋琢磨しながら山里で生きる『糧』を身につける
学びの場「ミライの職業訓練校」という活動がおこなわれています。

この活動を通して、「雇われるでもなく起業でもない働き方」という
新しいカタチの働きかもあるのでは?ということがみえてきたと、
ミライの職業訓練校 校長の高野先生はいいます。



今回の授業では、前半は、高野先生が考えるこれからの社会の中での生き方、
働き方についてお話を伺います。

その後、豊田市旭地区で「雇われるでもなく起業でもない働き方」を
実践している戸田友介さんや「ミライの職業訓練校」の受講生で、
これから田舎に移住するタイミングの野田侑希さんにも登壇いただき、
その具体的なようすを話していただきます。

後半は、ミライの職業訓練校で実際に使われている
ワークショップ(自分史曼荼羅)を体験しながら、
「雇われるでもなく起業でもないはたらきかた」を皆さんとともに考えていきます。

これからの自分の生き方、働き方を、じっくりと考えてみませんか?

【スケジュール】
12:30 受付開始
13:00 授業開始、導入、自己紹介など
13:10 高野校長 講義
     なぜ「雇われるでもなく起業でもないはたらきかた」が求められるのか?
13:40 パネルディスカッション
     「雇われるでもなく起業でもないはたらきかた」とはなにか?
14:20 ワークショップ「自分史曼荼羅」 
     今の働き方・暮らし方をふりかえり今後の方向性を見定める
15:20 振り返り
15:30 終了

【パネルディスカッション メンバー】
コーディネータ:高野雅夫
パネリスト:
・戸田友介(株式会社M-easy代表、ミライの職業訓練校代表世話人)
・木浦幸加((一社)おいでんさんそん職員、デザイナー・ライター)
・野田侑希(山村への移住準備中)


授業コーディネーター:はたらく課 大野嵩明

----------
キャンセル料について
安定的な運営のため、開催2日前以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。あらかじめご了承ください。
やむを得ずキャンセルされる場合は、dai-nagoya@univnet.jpまでお早めにご連絡ください。
※電話連絡も可能ですが、打ち合わせなどで電話に出られない場合があります。留守電にメッセージを残してください。
Tel:070-5459-8213(受付時間:10:00~17:00 ※定休日:土・日・祝)

【キャンセル料】
2日前〜前日のキャンセル:参加費の50%
当日のキャンセル、無連絡不参加:参加費の100%
※電話でのキャンセルは当事務局の営業日、営業時間内にご連絡いただいた日を基準とします。
※代わりに参加できる方がおられる場合、キャンセル料は不要です。その旨をご連絡ください。
※無連絡不参加の場合、以後のご参加をお断りすることがございます。
----------

高野雅夫 / 名古屋大学大学院環境学研究科教授

名古屋大学大学院環境学研究科教授 豊田市おいでんさんそんセンター・(一社おいでんさんそん)理事 再生可能エネルギー技術開発をしながら、農山村の再生支援を行う。近著 高野編著『持続可能な生き方をデザインしよう』明石書店

戸田友介 / 株式会社M-easy代表取締役

1981年、愛知県北名古屋市に生まれる。2009年9月から2012年3月、豊田市と東京大学との産官学連携過疎対策事業「日本再発進!若者よ田舎をめざそうプロジェクト」に取り組んだことをきっかけに2011年3月旭地区に移住。 夫婦と移住してからうまれた3人の子どもたちと5人家族。地域会議委員や、自治区の役員など、さまざまな地域の役割を担ったり、2015年からは旭と小原の新聞販売店を引き受けるなど、暮らしと仕事の両面で、暮らし続けていける地域づくりに取り組んでいる。2017年10月より、つくラッセル推進コンソーシアムの代表機関として、築羽小学校跡地を活用した、子どもからお年寄りまで、暮らし、はたらける、場所づくりを進めている。

今回の教室:SHAREBASE

住所:〒460-0003
名古屋市中区錦1−15−8アミティエ錦第一ビル6F

地図を見る

みんなのやりたいことに共感して一緒に「やってみようぜ!」と言える仲間が見つかる、会社や学校で出来ないことを取り組むための秘密基地です。
「それって生産性あるの?」とか「やる意味あるの?」という言葉にアイデアがつぶれる前に、ここで形にしませんか?
平日に、週末に、同じ仕事、勉強、遊び、暇つぶしをするなら、気の合う刺激しあえる仲間たちと。それが可能な空間がSHAREBASE.INCです。

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/430/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

大ナゴヤ大学のTwitter

大ナゴヤ大学のfacebook

大ナゴヤ大学のインスタグラム