授業詳細

CLASS


自分で肩書きをつくる生き方 ~人からつけてもらう肩書~

開催日時:2018年08月23日(木) 19時00分 ~ 21時30分

教室:SHAREBASE

残席わずか(先着)

先生:谷垣友里 / 一般社団法人ROOT代表理事
小橋 昭彦 / 肩書研究家

カテゴリ:【暮らし】

定 員 :20人

参加費として1,500円いただきます。(ワンドリンク付き)
自分の肩書ってなんだろう?
シリーズいよいよ第3回目の授業です。

複業、パラレルキャリアという言葉が耳に入ってくるようになり、
生き方、働き方がどんどん多様になってきました。

趣味のように始めたブログやアクセサリー作りでお金が稼げるようになったり、
隙間時間にイベントを開いて、会社でも家でもないコミュニティをつくったり
様々なことにチャレンジできるようになってきています。

こんな風に個人が発信でき、何が仕事になるかわからないような時代に、
肩書さえも、もっと自由に、もっと多様に、変化していってよいのではないでしょうか。

このイベントでは、「肩書」について様々な角度から考えることで、
これからの働き方や生き方について考えるヒントを一緒に探す
機会にしたいと思っています。

一人では浮かばないアイディアも人と話すことで何か思いつくかもしれません。

今回お呼びするゲストは、肩書は求められる役割に応じて
周囲がつけてくれるという考え方で仕事をされている、
一般社団法人ROOT代表の谷垣友里さんです。

現在、ROOTでは地域資源の調査、記録という仕事をされていますが、
そこに至るまでに様々な職種を経験されており、
どの分野で関わっているかで周囲の人から呼ばれている
谷垣さんの肩書が異なっています。
谷垣さんが活動の拠点としているのは、「面白い人が集まる街」
として活性化している兵庫県丹波地域です。
近年移住者も増えており、地方に可能性を感じる若者が移住や
行き来することで動き始めています。

当日は、東海地方で活躍されているゲストも参加予定ですので、
地域間交流という観点からも楽しみにしていてください。

<スケジュール>
18:45~受付
19:00~授業開始、導入
19:10~ゲストトーク
19:40~会場からの質問タイム
19:50~休憩
20:00~ワークショップ&ディスカッション
    お互いにその人らしい言葉(キーワード)を伝えあう
21:00~全体共有
21:20~振り返り、まとめ
21:30 終了

【授業コーディネーター名】
置塩ゆかり


<授業の概要>
今回開催する「自分で肩書きをつくる生き方」授業は
全部で4回のシリーズです。単発での参加ももちろんOKです。
ぜひ、残り2回の授業をお楽しみください!

第3回(今回) 人からつけてもらう肩書
内容:肩書を自分で決めようとするから難しいという側面があるのでは
ないでしょうか。肩書自体を必ずしも自分でつけなくてもいいかもしれません。
ただ、だからといって何でもやりますというのではなく、自分の特性を
他の人の視点から見てもらうことで、思いもよらなかったことを発見できたり、
人によって見方が違うことにも気づけたりすると思います。
ゲストトークを聞いたのちに、3人組のグループでお互いに
話しをしながら、第三者からみた自分について発見してみましょう。

第4回(9/14) 自分のキャッチコピー
内容:Beの肩書でも、Doの肩書でも、何かしら自分に
キャッチコピーをつける感覚で、自分で思い切って決めてみましょう!
そして周りの人とお互いで名乗りあってみましょう。
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/450/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。
この授業に申し込む

先生

谷垣友里 / 一般社団法人ROOT代表理事

古民家再生事業では地域コーディネーター、木造校舎の再生事業では「チルドレンズミュージアム」のプランナーとしてワークショップ・ファシリテーター、事業ディレクターを務めた経験をもつ。現在は地域資源の調査・記録を通じ、農村の着地型ツーリズムの企画などを行う。いずれの仕事もプロジェクトチーム方式で、各メンバーが技能や経験を生かし1つのものを作り上げる環境に触れ、肩書は自分で決めるものでなく、求められる役割によって周囲がつけてくれると実感。特に農村では既存の肩書に収まらない役割があり、自分で決めつけないことで新しい職業を生み出す可能性があると感じている。

小橋 昭彦 / 肩書研究家

20年以上前から「名刺に書くべきは肩書ではなく、能書きである」という思いから、自分ができること=能書きを名刺に記載し、できることが増えるたびにバージョンアップさせてきた。元々は広告会社に勤めており、その後ITベンチャーを起業。その中で「これからは地域である」と考え、地元に帰って地域づくり活動の多くに携わる。地域初のデザイン会社を立ち上げやシェアハウスの運営、地域づくり大学という地域住民がもっと地域のことを考えるための学び場を始めるなど、未来を見据えながら今何が必要かを考えて動いている。現在は丹波市市議会議員としても活躍している。

今回の教室

SHAREBASE

住所:〒460-0003
名古屋市中区錦1−15−8アミティエ錦第一ビル6F

地図を見る

みんなのやりたいことに共感して一緒に「やってみようぜ!」と言える仲間が見つかる、会社や学校で出来ないことを取り組むための秘密基地です。
「それって生産性あるの?」とか「やる意味あるの?」という言葉にアイデアがつぶれる前に、ここで形にしませんか?
平日に、週末に、同じ仕事、勉強、遊び、暇つぶしをするなら、気の合う刺激しあえる仲間たちと。それが可能な空間がSHAREBASE.INCです。