授業詳細

CLASS


上を向いて歩こう~瓦好きに学ぶ瓦の楽しみ方@東桜〜

開催日時:2018年09月22日(土) 10時00分 ~ 12時30分

教室:東生涯学習センター(第1和室) 

残席わずか(先着)

先生:脇田 佑希子 /

カテゴリ:【まち歩き/歴史・文化】

定 員 :12人

※参加費として1,000円を頂戴します。
※集合場所は、 東生涯学習センター 2F 第1和室です。
※雨天決行です。
最近は、だいぶ少なくなったけれど、空を見上げるとその間に瓦がある風景。有松、四間道など昔の街並みが残る地域では、まだ見ることができます。

また、ここ愛知県は三州瓦の産地(高浜市)でもあります。

よく考えてみると瓦は、屋根の上にあるやつぐらいの知識しかない・・・。

瓦には、平瓦、軒平瓦、軒丸瓦、鬼瓦、獅子口など、実は形状や用途によって様々な分類があるのだとか。また、屋根を風雨から守るだけでなく、人々の想いが込められたものもあるのだとか。



そんなことを今回の先生でもある脇田さんから教えてもらいました。脇田さんは、主に軒丸瓦を探しながら散歩し、撮った写真をinstagramでアーカイブする活動をしています。

授業の前半は、脇田さんに、瓦の楽しみ方や魅力、瓦写真を撮るコツなどを語っていただきます。

後半は、みんなで街に出かけて、自分のお気に入りの瓦を探しにいきます。フィールドは、東区東桜界隈。ここは江戸時代にお寺が集積していた地域で、今でも10以上のお寺が存在しており、上を向いて歩くとたくさんの瓦に出会えます!

最後に教室に戻り、見つけてきたお気に入りの瓦などを共有します。

瓦の存在が気になっていた、実は瓦好きで仲間を見つけたい、街を歩くのが好き(いつもと違った視点で歩いてみたい)など、動機は不問です。お気軽にご参加ください。

【スケジュール】
9:30 受付開始
10:00 授業開始、自己紹介
10:15 瓦講座
10:50 街に出て瓦探訪 
11:50 共有時間
12:20 終了
12:30 解散

授業コーディネーター:大野嵩明

----------
キャンセル料について
安定的な運営のため、開催2日前以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。あらかじめご了承ください。
やむを得ずキャンセルされる場合は、dai-nagoya@univnet.jpまでお早めにご連絡ください。
※電話連絡も可能ですが、打ち合わせなどで電話に出られない場合があります。留守電にメッセージを残してください。
Tel:070-5459-8213(受付時間:10:00~17:00 ※定休日:土・日・祝)

【キャンセル料】
2日前〜前日のキャンセル:参加費の50%
当日のキャンセル、無連絡不参加:参加費の100%
※電話でのキャンセルは当事務局の営業日、営業時間内にご連絡いただいた日を基準とします。
※代わりに参加できる方がおられる場合、キャンセル料は不要です。その旨をご連絡ください。
※無連絡不参加の場合、以後のご参加をお断りすることがございます。
----------
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/453/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。
この授業に申し込む

先生

脇田 佑希子 /

2009年頃になんとなく参加したまち歩きイベントで出会ったガイドボランティアさんに「ここの神社は瓦に字が書いてあるんだよー」と教えられて以来,外出時に瓦を眺める癖がつく。2016年からはinstagramでゆるーくアーカイブを始め,それに伴いますます瓦に惹かれるように。2018年7月現在,instagramにupした瓦スポットは延べ360ヵ所を数える。

今回の教室

東生涯学習センター(第1和室) 

住所:461-0004
名古屋市東区葵一丁目3-21
地図を見る

地下鉄:「新栄町」下車 1番出口より北へ徒歩約5分
地下鉄:「高岳」下車 3番出口より徒歩8分