授業詳細

CLASS


老舗蒲鉾店主から学ぶ”熱田蒲鉾”

開催日時:2018年10月13日(土) 13時00分 ~ 15時30分

教室:大矢蒲鉾商店

終了しました

先生:大矢晃敬 / 大矢蒲鉾商店 代表

カテゴリ:【食/まちづくり/歴史・文化(参加費:1,500)】

定 員 :10人

※参加費として1,500円いただきます。(試食付き)
名古屋料理は?と質問され、味噌カツ、どて煮、と肩を並んで出てくるのがきしめんです。

きしめんに必ず乗っている蒲鉾、色って思い出せますか?
実は、他県とは違う色をしていることが・・・・。

そう。名古屋独特の蒲鉾があるのです!
その名は、熱田蒲鉾。

熱田蒲鉾の色は朱色で、名古屋朱とも呼ばれています。

その歴史は古く、世は戦国時代、織田信長らがこの地を治めていた時代に遡ります。

天下統一を夢見た信長は熱田神宮に戦勝祈願にと訪れました。

朱色は勝利の色、邪気を払いのける色。
そこに由縁し、この地域では全国には見ない独特の
朱色の蒲鉾が製造されるようになったのです。

熱田神宮の御社の色と織田家によって広まりました。

今回の授業では熱田で創業150年、熱田蒲鉾をつくる傍、
熱田の町を名古屋市内外に伝える活動を行っている
宮宿会の大矢蒲鉾商店・代表の大矢晃敬を講師に迎えます。

熱田蒲鉾のお話も聞きつつ、
滅多に入れない製造工場見学もあります。

熱田蒲鉾の歴史を知って行くと必ず出てくるのは
織田信長、蒲鉾から派生してちょっとだけ歴史の勉強もしてみようかと思います。

熱田蒲鉾に興味あることはもちろんのこと、
熱田のまちづくりもされている大矢晃敬さんに興味を持たれた方もぜひご参加ください。

【スケジュール】
12:45 受付開始
13:00 授業開始 アイスブレイク
13:10 ①熱田蒲鉾の歴史
13:30 ②工場見学 実際に試食も行います。
14:00 ③蒲鉾と織田信長ゆかりのある熱田街めぐり
14:50 ④みんなで共有と振り返り
15:10 集合写真とアンケート
15:30 会場解散

授業コーディネーター:佐藤あゆみ
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/458/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

大矢晃敬 / 大矢蒲鉾商店 代表

現在40歳!中学生の頃に家業を継ぐことを決め、高校を愛知県唯一の水産高校に進学し、大学は畜産(食肉)について勉強!水産練り製品製造とともに飲食業の勉強したいと考え、愛知県内の中華レストランに就職。レストラン経営を11年に渡り実践形式で学び現在の仕事に就く。名古屋蒲鉾をより多くの人に知ってもらう為に様々な広報活動を実施。5年前からあつた宮宿会に入り熱田区を盛り上げる活動にも参加。3年前よりあつた朔日市を開催し地元だけでなく、多くの観光客にも知ってもらえるようになってきた。まだまだたくさんの人に名古屋蒲鉾を知ってもらえるように活動中である。

今回の教室

大矢蒲鉾商店

住所:〒456-0035
名古屋市熱田区白鳥二丁目8番地12号

【アクセス】
名古屋市営地下鉄 神宮西駅より徒歩10分
JR東海道本線 熱田駅出口より徒歩15分
地図を見る

伊勢湾台風名前の年(1958年)に現在の工場を建てる。当時はまだ機械製造ではなく、毎朝名古屋中央卸売市場にて魚を買い捌きすり身を製造していた。(一部は機械化が進んでいた)井戸から水をとりほぼ手作業で多くの従業員と製造していたようで昭和40年を過ぎると機械化が一気に進みまた技術の向上から冷凍すり身の使用も始まり大量生産ができるようになった。しかし、時代経過とともに蒲鉾の価格が下がるとともに日本経済もバブルがはじけ熱田区内の多くの蒲鉾工場が閉鎖された。その中で早い段階で大量生産から脱却し本物の蒲鉾の品質を守り美味しい蒲鉾を販売する方針に切り替え現在まで継承してきた。ここ数年で本物志向の気運が高まり需要が増えてきている状況である。

大矢蒲鉾商店