授業詳細

CLASS


私たちは何を食べ、どんな未来をつくるのか〜奥大和の暮らしから考える

開催日時:2018年11月03日(土) 14時00分 ~ 16時20分

教室:SHAREBASE

終了しました

先生:東 善仁 / Next Commons Lab奥大和ディレクター
安西紗耶 / NCL奥大和事務局
中友宏 / NCL奥大和事務局

カテゴリ:【くらし/食/はたらく】

定 員 :15人

※ドリンク代として500円いただいております。
※集合場所はSHAREBASEです。
 みなさん、「奥大和」という地域をご存知ですか?

奈良県の南部エリアを指す地域名で、地図で見るとおよそ奈良県の7割くらいが奥大和と呼ばれるエリアになります。ここは自然が豊かで、高原気候を生かした有機農業や発酵醸造なども盛んです。また歴史的な社寺や史跡も豊富。いまは「移住」や「ローカル起業」をキーワードに人々が集まる地域の一つです。

 その豊かな資源を中心に、これからの「未来の食のスタンダード」を探るNext Commons Labo奥大和(NCL奥大和)のみなさんと、これからの食と農をローカルでつくるディスカッション、その為の取り組み「NCL奥大和」のメンバー募集説明会を兼ねて大ナゴヤ大学の授業を開講します。

 NCL奥大和では、コミュニティの拠点基地として、シェアキッチン+食のライブラリーを兼ねた「アグリベース奈良」の計画も進みはじめています。
アグリベース奈良は様々な人が食農のアイディアを形にしやすくなったり、アイディアを交換できるコミュニティスペースや設備があればもっと社会が面白くなる!そのような拠点を奈良につくりたい!という思いで取り組まれています。

例えば、現在、スローフード、低糖質、ヴィーガン、グルテンフリー等、食のジャンルが細分化され、それだけではなく野菜や畜産での育て方に対しても消費者のこだわりが強くなり、食のカスタマイズ性が増すなかで、食農に特化した様々情報や知見を集めたアーカイブのような場所をつくることで人と人が出会い新しいアイディアを生み出す場所をつくるということ。

そして、食品関係は衛生の問題上法律での取り決めも厳しく、”トライ”することが難しい仕組みになっています。沢山の人のアイディアの中に面白い商品構想や未来へつながる社会へのピースが1つでも多く実現されるコミュニティをつくることです。





奥大和は三重県から程近いところに位置しています。私たち、大ナゴヤ圏にも農作物の豊かな三河エリア。豊富な水産資源がある伊勢・志摩。醸造文化が盛んな知多半島、酢や味噌、醤油などの調味料も盛んです。八丁味噌といえば岡崎市。など、東海三県にも実は豊富な資源が眠っています。
 あれ、少し奥大和の挑戦しようとしているプロジェクトと似ている部分、ありませんか?

 今回の先生はNCL奥大和の事務局として活動する3人。これまでの取り組みのほか、2018年度NCL奥大和のが仲間を募集している6つのプロジェクトについて紹介していただきます。
・野菜のアップサイクリング(UPCYCLING FOR VEGETABLES)
・里山の暮らしをつなぐ宿(CRAFT TOURISM)
・やさしいパン(UNIVERSAL BREAD)
・学び育つ、里山ようちえん(SATOYAMA KINDERGARTEM)
・会いに行く料理人/みんなの食卓(LOCAL DINING)
・ビールが醸す 産業と文化(SHARE BREWARY)

 現在、奈良県で取り組む「Next Commons Labo」の活躍から、私たちも学び普段の生活を見直しませんか?みなさんの背中を押すひと時になれば嬉しいです。

 当日は、地域の味覚を楽しんでいただくためにクラフトビールや、地域ブランドのお茶などを皆さんに振る舞いたいと思います!お楽しみにしていてくださいね!

【タイムライン】
11/3(土)
13:40 - 開場
14:00 - スタート
- オープニング・チェックイン(10 - 20min.)
- NCL説明(60min.)
- 「未来の食をつくる」を考えるWS(40min.)
15:50 - エンディング・感想共有・集合写真
16:00 - 16:40 終了、アンケート回収、質問などあれば意見交換
17:00 - 完全撤収

(コーディネーター:山田卓哉)

====================
Next Commons Laboとは
Next Commons Lab”は、さまざまな領域で活動するメンバーが集まり、プロジェクトを通じて地域社会と交わりながら、 ポスト資本主義社会を具現化する議論と実行の場です。

奥大和の他には、遠野(岩手県)、加賀(石川県)、南三陸(宮城県)、弘前(青森県)、南相馬(福島県)、湖南(滋賀県)、西条(愛媛県)、宮崎にて活動しています。

授業コーディネーター:山田卓哉

----------
キャンセル料について
安定的な運営のため、開催2日前以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。あらかじめご了承ください。やむを得ずキャンセルされる場合は、yamatakku@gmail.com までお早めにご連絡ください。

【キャンセル料】
2日前〜前日のキャンセル:参加費の50%
当日のキャンセル、無連絡不参加:参加費の100%
※代わりに参加できる方がおられる場合、キャンセル料は不要です。その旨をご連絡ください。
※無連絡不参加の場合、以後のご参加をお断りすることがございます。
----------
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/461/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

東 善仁 / Next Commons Lab奥大和ディレクター

奈良県(旧都祁村)出身。WEBマガジン「greenz.jp」のプロジェクトマネージャーとしてイベント運営や編集を担当し社会課題やまちづくりに関心を持つ。団地集会所を活用したコミュニティルーム「茶山台としょかん」の運営を経て、地元での新しい働き方にチャレンジするためNext Commons Lab奥大和のディレクターに。神戸と二拠点を往復しながら里山と都市の関係づくりを実践中。兼業米農家の長男。

安西紗耶 / NCL奥大和事務局

兵庫県(赤穂郡)出身。2008年ロート製薬に入社。企画営業部門に従事。健康の根源にある食と農の重要性と可能性を感じ、生産現場の課題解決に挑戦したいと、2013年に同社の食農事業の立ち上げメンバーとして沖縄県石垣島へ移住。有機農業・畜産の6次産業化に従事。主に養豚現場で、地域資源での飼料開発や肉質向上と環境負荷の軽減の両立など、循環型畜産モデルへ取り組み、離島発のブランド豚を立ち上げる。2015年よりフィールドを関西へ移し、官民連携による食農産業創出・ソーシャルビジネスへ取り組みを担当している。

中友宏 / NCL奥大和事務局

奈良県(山添村)出身。2006年ロート製薬入社。11年間工場の製造部で勤務する中で、資本主義の大量生産、大量消費の流れの限界を肌で感じ、そのような仕組みだけではない新しい生き方・働き方を模索したいとNext Commons Lab奥大和の事務局メンバーとして社内公募でジョイン。主に人事総務・施設管理業務を担当。2児の父で食の在り方の大切さ、里山での暮らしを子供にも伝えながら活動中。

今回の教室

SHAREBASE

住所:〒460-0003
名古屋市中区錦1−15−8アミティエ錦第一ビル6F

地図を見る

みんなのやりたいことに共感して一緒に「やってみようぜ!」と言える仲間が見つかる、会社や学校で出来ないことを取り組むための秘密基地です。
「それって生産性あるの?」とか「やる意味あるの?」という言葉にアイデアがつぶれる前に、ここで形にしませんか?
平日に、週末に、同じ仕事、勉強、遊び、暇つぶしをするなら、気の合う刺激しあえる仲間たちと。それが可能な空間がSHAREBASE.INCです。