授業詳細

CLASS


みりんを造り続けて150年。〜7代目蔵元から学ぶ”みりんのこと、日本酒のこと〜

開催日時:2019年01月12日(土) 10時00分 ~ 12時00分

教室:甘強酒造株式会社

終了しました

先生:山田洋資 / 甘強酒造株式会社 専務取締役

カテゴリ:【食/くらし/歴史・文化】

定 員 :20人

※参加費:無料(サポーターの皆様からの寄付による寄付講座。)
※工場内(工場内で講義も実施)暖房設備がありませんので、暖かい服装でお越しください。
※公共交通機関でお越しください。
※本授業の抽選は2018年12月28日(金)に行います。
(抽選予約受付は12月28日(金)13時までとなります。)
※抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2019年1月11日(金)13時00分まで先着順でお申し込みを受け付けます。
愛知県尾張地方に位置する蟹江町は、水郷のまちとしても知られ、まちの4分の1が河川で占められています。

古くから河川を交通手段として、酒蔵や醤油蔵が多くありました。

そんなまちで、1862年(文久2年)から本みりんを醸造している甘強酒造。1954年から日本酒の醸造も始めます。

今も河川沿いに工場があり、使用している事務所は、昭和13年(1938年)に建てられ、当時の姿をとどめています。(※事務所の中には、入れません。)




今回の授業では、前半、7代目蔵元であり専務取締役の山田さんから、甘強酒造のこと、みりんや日本酒のことなどをお話いただき、後半は、工場の中を見せていただきます。

1月は、お酒づくりの時期。みりんと日本酒を作っているため、1月〜3月は日本酒、4月〜12月はみりんと時期を分けているそう。

蟹江のまちの当日の面影を感じつつ、みりんや日本酒造りを学んでみませんか?


【タイムテーブル】
9:45 受付開始
10:00 授業開始、導入・自己紹介
10:20 講義(山田専務)
11:00 工場見学
11:30 試飲・質問ふりかえり
11:50 写真
12:00 授業終了

授業コーディネーター:大野嵩明
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/471/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

山田洋資 / 甘強酒造株式会社 専務取締役

大学を卒業の後に、いきなり中国留学を経て、中国勤務になる。留学時代を含め、3年を中国で過ごす。日本に戻ってからは、甘強酒造でお酒造り、味醂造りに従事する。関東での営業経験も3年ほど経験し、現在は専務取締役として勤務。お酒や味醂は昔からの発酵食品であり、昔ながらの作り方をする味醂をより多くの方に知ってもらえるように広報活動をしている。現在では、海外からのお客様も見え、海外に営業に行くこともある。現在、日本酒の輸出は伸びている状況で、それにつれて味醂も複数国へ輸出をしている。世界中で流行しつつある和食は大きなビジネスチャンスだと思い、これからもより多くの方に日本酒、味醂と製造する発酵食品を知ってもらえるべく、尽力していく。

今回の教室

甘強酒造株式会社

住所:〒497-0040 愛知県海部郡蟹江町城四丁目1番地
※近鉄蟹江駅から徒歩10分
※JR蟹江駅から徒歩20分
地図を見る

カンキョウみりんは「発酵食」をテーマに本みりん、日本酒、調味料、発酵飲料を提供することで、幸せをお届けするメーカーです。

ホームページ:https://www.kankyo-shuzo.co.jp/