授業詳細

CLASS


八丁味噌ってなんだろう?~岡崎のまち、味噌蔵を巡る~

開催日時:2019年04月13日(土) 13時00分 ~ 15時30分

教室:まるや八丁味噌

終了しました

先生:浅井 信太郎 / 株式会社 まるや八丁味噌 代表取締役
早川昌吾 / カクキュー企画室
天野 めぐみ /

カテゴリ:【食/まち歩き/ものづくり/歴史・文化】

定 員 :20人

※参加費:500円(味噌スープ代として<サポーターの皆様からの寄付による講座>)
※集合場所:菅生神社(すごうじんじゃ)(〒444-0052 愛知県岡崎市康生町630-1)
 名鉄「東岡崎駅」より、徒歩15分程。

※本授業の抽選は2019年3月29日(金)に行います。
(抽選予約受付は3月29日(金)13時までとなります。)
※抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2019年4月12日(金)13時00分まで先着順でお申し込みを受け付けます。
岡崎市名産として有名な“八丁味噌”について、みなさんはどのぐらい知っていますか?

名前の由来は、岡崎城から西に8丁(約870m)離れた「八帖村」で仕込みが始まったことから“八丁味噌”と呼ばれるようになったそう。

最近だと、地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)保護制度」を巡っての話題で知った方もいるかもしれません。

岡崎の八丁味噌は、伝統製法を守り、豆と塩と水のみを使い、木桶で仕込み、3トンもの重石を、昔も今も石積み職人たちの手で一つ一つ円錐状に積み上げて、人の手を入れず二夏二冬ねかせ、丁寧につくられています。

今回の授業では、知っているようで、まだまだ知らないことが多い八丁味噌のことを学びます。

味噌汁を、カフェでコーヒーを飲むように気軽に楽しんでもらいたいと、ミソスープスタンドなどを岡崎で仕掛ける天野さんを先生に迎え、岡崎城から味噌蔵のある場所まで(8丁歩いてみよう!)、八丁味噌や岡崎のことを聞きながら歩きます。

「カクキュー(合資会社 八丁味噌)」の早川さん、「まるや八丁味噌」の浅井社長にも先生に加わっていただき、小路を挟んで向かい合わせの立地にある、それぞれの味噌蔵の見学をします。

後半は、まるやさんの食堂をお借りして、カクキューさん、まるやさんの2種類のミソスープの味比べ体験をしたり、感想を共有する時間にします。

地域に寄り添いながらものづくりに取り組む先生のお話を聞いて、改めて食のことや地域のことを考えてみませんか?

【スケジュール】
12:45 受付開始
13:00 授業開始、導入
13:10 岡崎まち歩き
13:40 味噌蔵見学(カクキューさん)
14:10 味噌蔵見学(まるやさん)
14:40 味噌スープ体験
15:00 ワーク
15:25 アンケート
15:30 終了


授業コーディネーター名:大野嵩明、中川光
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/480/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

浅井 信太郎 / 株式会社 まるや八丁味噌 代表取締役

1949年 愛知県幡豆郡生まれ。  伝統的な日本文化・産業は世界が認める貴重な遺産であり、世界に発信することは自分の使命と義務であると考え、有機栽培大豆で八丁味噌の醸造に取り組む。 1987年アメリカ有機食品認定団体O.C.I.Aの認定を受け、その後KOSHER、ECOCERT認定を受けこれを世界に発信。 現在約世界約20カ国以上に八丁味噌を輸出。 社長就任後も自ら海外へ渡り、八丁味噌と日本の食文化を普及につとめている。 2007年三河産大豆と神水で八丁味噌の仕込みを実施、2009年10月限定販売開始し、現在も継続中。2008年に新規に吉野杉の木桶の発注、2010年再入荷開始して以来、定期的に仕入れて今年2018年10月3本が届けられた。2019年、2020年各3本発注済。

早川昌吾 / カクキュー企画室

1984年、岡崎生まれ、岡崎育ち(一時期浜松)。名城大学 理工学部 電気電子学科 卒業。自動車部品メーカー 設計部 (就職➡退職)。カクキューに就職(28歳)。醸造部・製造部を経て、現在に至る。現在は企画室で広報等を担当。

天野 めぐみ /

昭和36年、横浜市に生まれ、小学校2年生で豊橋市に転居し、結婚で岡崎市民に。2児の母であり、婦人服店を営む傍ら、籠田商店街会長を務める。籠田公園に芝生を植えることを岡崎市に提案し、緑地化した現在は籠田公園清掃かごめ組一員として公園の管理をボランティアで行っている。 好物「ド―ナツのまん中」 趣味「人のホロスコ―プを見る」 モット―「360度から物事を見て、いつも心はニュ―トラル」

今回の教室

まるや八丁味噌

住所:愛知県岡崎市八帖町往還通52番地

地図を見る

延元二年(1337年)八丁の地で開祖弥治右衛門が醸造業を始める。戦国時代には徳川家康の兵食となり珍重されました。現在は世界20カ国以上に、「Hatcho Miso」の商品名で輸出もしています。