授業詳細

CLASS


日々の暮らしをもっと豊かに~日本の里山を通して見つけた「一度きりのレシピ」~

開催日時:2019年05月11日(土) 10時00分 ~ 11時45分

教室:Colline de Tara

残席わずか(先着)

先生:cayoco / 料理人 セラピスト 

カテゴリ:【食】

定 員 :15人

参加費:2,000円(会場費、お米、先生の交通費など)

※本授業の抽選は2019年4月26日(金)に行います。
(抽選予約受付は4月26日(金)12時までとなります。)
※抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2019年5月10日(金)13時00分まで先着順でお申し込みを受け付けます。
今回お招きする先生は東京の西荻窪で料理家・セラピストとして活躍されているcayocoさんです。

cayocoさんの幼少期、まだ珍しかったオーガニック農園を営んでいたお祖父様の影響を強く受け、ご自身も心と体に正直に生きるオーガニックライフを送られています。cayocoさんが作るご飯やお菓子は、人を元気にすると評判です。

そんなcayocoさんは昨年『一度きりのレシピ』という1冊の本を出版されました。(当日、本も何冊か持って来ていただけます!)

春夏秋冬、旅の先々でその土地の生産者さんを訪ねて保存食を作り、その保存食をバトンにして、次の土地へ足を運んでいく旅。色どり豊かな実りをもたらす各地で、その時々の「感じる心」を大切に人と食を繋いで行きました。

そこで生まれたレシピには「塩●g、だし●カップ」などの決まりごとはありません。

cayocoさんがこの旅を通して見つけた大切なこととは何でしょうか?

今回の教室では旅のお話と春の旅、福岡県・津屋崎で生まれた『拝み洗いの土鍋炊きごはん』のデモンストレーションを行っていただきます。

「この拝み洗いのレシピは色々な料理に、ものに、人に使える」そうです。

生徒の皆さんにも拝み洗いを体験頂き、一口の試食をしていただきますのでお楽しみに。

cayocoさんの言葉には毎日の暮らしを楽しむヒントがたくさん詰まっています。

ぜひ一緒にあなたにとって大切なことを見つけてみませんか?

ご参加、お待ちしています!
 
【スケジュール】
9:40 受付開始
10:00 授業スタート、自己紹介、旅と本のお話
10:30 実践『拝み洗いの土鍋炊きごはん』
11:00 料理で大切にしていること
11:30 質問タイム
11:45 授業終了

授業コーディネーター:一度きりのレシピ 授業企画グループ
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/486/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。
この授業に申し込む

先生

cayoco / 料理人 セラピスト 

愛知県出身。身体を崩した経験をきっかけに,東京療術学院で東洋医学を学び,卒業後は長野の穂高養生園でマクロビオティックを学ぶ。2013年4月に東京の西荻窪に「ていねいに、」を鍼伮師の福田氏とオープンし、ごはん作 りとセラピーを担当する。2017年8月にフリーの料理家、セラピストとして独立。2018年冬に旅のレシピ本「一度きりのレシピ」を出版。 現在は毎週木曜日は千駄木の「爬虫類両生類研究所8喫茶分室」、毎月第4金曜日は吉祥寺の「ふたつの木」にて、「季節のごはんとおやつ 風土」を営業中。西荻窪の風土では 料理教室を開催している。 風土HP:https://fuu-do.com

今回の教室

Colline de Tara

住所:名古屋市中区新栄3丁目16−21
地図を見る

地下鉄千種駅、5番出口より徒歩6分程のところにあるColline de Taraさん。「まっさらな気持ちで食材といのちと向き合うこと」を大切にされているビーガンレストランです。
HP:https://collinedetara.wixsite.com/0909