授業詳細

CLASS


【商店街オープン×大ナゴヤ大学】だれでもシェフになれる「かさでらのまち食堂」ができるまで。

開催日時:2019年06月08日(土) 10時20分 ~ 13時00分

教室:かさでらのまち食堂

先生:青山知弘 / 名古屋笠寺まちづくりの会 かんでらmonzen亭事務局
宮元久美子 / 302アーキ設計士。

カテゴリ:【まち歩き/まちづくり】

定 員 :15人

※参加費:800円(ランチ代)
※集合場所:名鉄本笠寺駅前
商店街オープン(名古屋市商店街商業機能再生モデル事業)とは・・・商店街エリアの活性化を目指し、地域の人や建築家、新たに事業を始めようとしている人 などが集まり、空き店舗の活用プランを考えるワークショップです。2018年より名古屋市 が開催しています。
毎日シェフが変わる、まちのシェア食堂が笠寺観音商店街にできました!

おいしいランチを食べながら、地域の空間の使い方について考えませんか?

2019年5月1日、本笠寺駅前にオープンした「かさでらのまち食堂」。

入り口に貼られているカレンダーには、和食、カレー、エスニック、ラーメンなどなど、日替わりでバラエティー豊かなメニューが並んでいます。

そう、ここは地域の人たちの管理のもとで、何人ものシェフが腕をふるう食堂。

プロの料理人でなくても大丈夫。

お店をやってみたい人の挑戦の場ともなっています。

この食堂は、名古屋市主催の「商店街商業機能再生モデル事業(商店街オープン2018)」の一環として生まれました。商店街の活性化を目指し、空き店舗をリノベーション。

地域の人たちが主体となってどんな風に使うかが話し合われました。

今回は、笠寺でまちづくりに携わる「かんでらmonzen亭」の青山さんと、食堂を設計しマネジメントにも関わる宮本さんが先生。

笠寺のまちのこと、地域を盛り上げる市民の取り組み、そして、かさでらのまち食堂に込められた思いと展望などをお聞きします。

もちろんせっかくなので、まちのシェフによるおいしいランチ付き!

名古屋で現在進行形で進んでいる、商店街の活性化、空き店舗リノベーションの事例を学びながら、笠寺のまちを楽しみましょう。

【スケジュール】
10:00 受付開始 名鉄本笠寺駅前
10:20 授業開始、笠寺のまち歩きへ
11:00 かさでらのまち食堂で、ランチを食べながら、オープンまでのお話を聞きます
11:45 かんでらmonzen亭へ移動
12:00 笠寺のまちづくりについてお話を聞きます
12:30 質疑応答
12:45 アンケート、終了

授業コーディネーター:小林優太

【主催】
名古屋市

【企画・運営】
大ナゴヤ大学
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/494/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

青山知弘 / 名古屋笠寺まちづくりの会 かんでらmonzen亭事務局

かんでらmonzen亭に設立時から関わり、笠寺のまちづくりをリードするメンバーのひとり。笠寺観音や周辺のお寺などの場を利用しながら、様々な活動を行なっています。「かさでらのまち食堂」の企画、運営にも携わる。今回は、笠寺のまちをご案内いただき、「かんでらmonzen亭」では地域での取り組みを紹介してもらいます。

宮元久美子 / 302アーキ設計士。

「商店街オープン2018」に参加したのをきっかけに、「かさでらのまち食堂」を設計しました。現在は、食堂の運営の責任者として、日替わりシェフのマネジメントなども担当。今回の授業では、食堂も入っているビルの利活用について主にお話を聞きます。

今回の教室

かさでらのまち食堂

住所:名古屋市南区前浜通7-32-2
地図を見る

笠寺観音商店街に新しい形態の食堂がオープンしました。場所は、名鉄本笠寺駅前。キッチンを10人のシェフでシェアし、ランチをご提供しています。