授業詳細

CLASS


見て、着て、踊る。まちのお祭りを体験しよう!

開催日時:2019年06月15日(土) 10時30分 ~ 12時30分

教室:築地神社 社務所(港区)

終了しました

先生:港まちのみなさん /

カテゴリ:【くらし、歴史・文化】

定 員 :20人

■参加費 500円(中学生以下無料)
■浴衣は無料で各町内からお貸しいただきます。
※着付けも町内のお母さん達が手伝ってくださいます。
※神社の境内には、蚊が飛び始める頃です。蚊避け対策もお忘れなく。
だんだん夏めいてきたナゴヤ。今年も浴衣で盆踊りをみんなで踊りませんか?

大ナゴヤ大学にとっては毎年恒例となる夏の風物詩「名古屋みなと祭」。
夏のお祭りには、それぞれ時代や歴史がある!
地域のお祭りの背景には様々な歴史があります。
みなと祭はもともと地元西築地学区の皆さんが
戦後、まちを元気づけるために夏は「盆踊り」をしよう!と始めたことがキッカケなんだそう。
今でも、まちじゅうの人たちに愛されています。

今回の授業では、地域ごとの色とりどりの浴衣をみんなでおもいおもいに選んで、実際に着ていただきます!

そして、みなと祭の背景には毎回まちの皆さんが愛情たっぷりに語るエピソードトークは何度聞いても面白いんです。参加者の皆さんと、当時お祭りが始まったばかりのことを覚えている地域の人たちのお話を聞いてちょっとしたタイムスリップをします。

最後は、実際にみんなで踊りをレクチャーしてもらい一緒に踊ります。晴れていれば、神社の境内で大きな輪になって踊るのはなかなかです!

毎年、大ナゴヤ大学のメンバーも町内の皆さんの仲間に入れていただいて、踊りの練習から本番まで体験させていただく貴重な機会。自分のまちではないのに、こうやって体験できることって本当になかなかないと思っています。
毎年、この授業をきっかけにしてたくさんの方々がみなと祭に参加しています。
みなと祭のディープな世界に浸りましょう!


<スケジュール>
10:15 受付開始
10:30 みんなで着付け体験!
11:00 自己紹介&先生の紹介
11:30 港まちの皆さんに聞く「みなと祭の魅力」
12:00 みんなで踊ろう!「みなとヤレコノ」
    アンケート&集合写真
12:30 授業終了


協力:港まちづくり協議会
授業コーディネーター:古橋敬一、山田卓哉
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/495/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

港まちのみなさん /

港区の西築地学区を愛してやまない町内のみなさん。 ちょっぴりシャイだけど人が好きでおせっかい。 そんな港まちの人やまちの魅力を知って欲しい。

今回の教室

築地神社 社務所(港区)

住所:愛知県名古屋市港区千鳥1-9-14

【築地神社への道順】
地下鉄名城線(名古屋港行き)の築地口駅2番出口を出たら左(南方向)に曲がり、
しばらく歩きます。ひとつ信号を越え、「江崎医院(緑の看板)」のある所を
左に曲がります。突き当たりに、木がうっそうと生えているのが見えます。
「わかまつ」という和食屋さんも見えます。
突き当たりまで歩くと、「BOMBERS」というバイクショップがあります。
「BOMBERS」と駐車場の間に鳥居がありますので、そこから中に入って行ってください。



港まちに暮らす人々が「みんなのココロの拠り所」を祈念して建立した神社。
みなと祭を始めとして、地域が大切にする祭事の拠点となっています。