授業詳細

CLASS


旅はみちくさ、ながら旅〜関市ならではの働き方・暮らし方に触れる旅。

開催日時:2019年11月04日(月) 10時00分 ~ 15時00分

教室:関市のまち

終了しました

先生:みち草のお二人 /

カテゴリ:【くらし】

定 員 :8人

参加費無料(当日の昼食代や立ち寄るスポットでの買い物は実費にてお願いしています)
※集合場所は関市役所・玄関口にてお願いします
※11/3(日)に締め切りとさせていただきます。
まちの魅力って何だろう?
日常のふとした瞬間にこそ、生活の温もりやそのまちならではの空気を感じたりすることがあります。昨年、大ナゴヤ大学の授業でも取り上げさせていただいた関市。前回は「暮らすように旅をしたい街〜脱・観光視点で関市の魅力をヒト・モノ・コト丸ごと味わう〜」という授業で名古屋で関市に住む魅力的な人々と出会い、関の暮らしを感じてもらうために味覚を通して関を感じていただきました。

今回は、そんな関市に実際に訪れよう!という授業。まちのささやかな魅力を見つけるのが得意な「みち草」のお二人を先生に、一緒に関市のまちをぶらり散歩します。

「ながら旅」は"長良川"のながらと、"〜しながら"のながらを掛けています。
出会いに行くのは、そのまちならではの働き方をしている人たち。
普段の生活や仕事とは別に、週2~3日だけいつもと違った働き方をしている方々、家業を引き継ぎ関で力強く生きる方。ちょっとしたきっかけで関市に移り住んだ方々。



昼食で伺うのはSUNDAY MONDAY。
オープン当初は、日曜日と月曜日しか営業してなかったお店ですが、現在はランチ営業、夜は予約のみの営業でお店を営んでいます。週末には関市の内外から食事をしに人が集まるほどの名店に!インスタグラムに掲載されている食事も本当に美味しそう。

続いて、週末だけの帽子屋さん「ヤカイヤ帽子店」。普段は本業で関に暮らしている方が週末のお仕事としてはじめた帽子屋さん。
ビンテージから最近オープンした帽子まで取り揃えられているので、自分好みの帽子を求めて各地から老若男女が週末集まります。

そして最後はまちの和菓子屋さん「虎屋」。ホッと安心する和菓子は昭和9年から受け継がれてきたもの。まちの子どもたちへ和菓子づくりの体験プログラムを企画したり、ブラジルの姉妹都市からの来賓のみなさんに和菓子をふるまったりと街に飛び出す和菓子屋さんです。

出会いの道中では、みち草の二人と導かれるがまま、地元の人との交流もチャレンジしたいです。

【スケジュール】
9:30 - 開場
10:00 - 関市役所集合・趣旨説明
 ・自己紹介
 ・ゴールイメージを共有
10:10 - 関市について
 ・みち草の紹介
 ・関市の紹介
 ・まちの楽しみ方のコツを考える
 など
10:30 - 出発
 ・昼食
 ・商店街を散策!
 ・一服しよう!
14:00 - 感想を共有しよう!
15:00 - 終了
(※道中のスケジュールは予告なく変更になる可能性がございます)

【授業コーディネーター】
山田卓哉
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/524/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

みち草のお二人 /

おかっぱとくせっけの二人が気ままに岐阜を紹介するフリーペーパー”みち草”。 ふらりとみち草をしては、フィルムカメラで写真を撮り、想いを綴っています。 instagram : michikusa_tekuteku

今回の教室

関市のまち

住所:〒501-3894 岐阜県関市若草通3丁目1番地
地図を見る

綺麗な川が多く刃物の産地として有名な関市。
都会と田舎がちょうどよくミックスされた住みやすい地域だと、街の人たちは口にします。
受け継がれる伝統と自然の美しさを感じに関市に訪れます。
https://www.sekikurashi.com/inquiry