授業詳細

CLASS


DIY女子チーム「MISSTON」と、物づくりを楽しもう!古材を使った、自分だけのフォトフレーム

開催日時:日時未定

教室:doB 工房

先生:MISSTON /
都築みき(つみき) / キャプテン
駒田尚人(ドビー) / 部長
橋本真希(真希) / マネージャー

カテゴリ:【くらし/ものづくり】

定 員 :5人

※参加費:4500円 (材料費、昼食、会場費・工具レンタル代として)
※汚れてもよい服装でお越しください。
※フォトフレームを持ち帰るバックなどもお持ちください。
※授業開催に際して材料やお昼ご飯を準備する都合上、直前でのキャンセルはご遠慮ください。
※フォトフレームの中に飾りたいものお持ちください。
※サイズは、ハガキやL版写真サイズのもの、またはそれ以下のサイズのもの。

※教室、近隣には、駐車場がありません。公共交通機関でお越しください。
※名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅(9:52着)より、瀬戸市コミュニティーバスに乗車(「瀬戸駅前」10:05発)し、「幡山橋西」にて(10:22着)下車後、徒歩1分。
※瀬戸市コミュニティーバス乗り場は、パルティせとの北側バスターミナルにあります。

※愛知環状線「瀬戸口」駅からだと、徒歩20分です。
「つくるって楽しい!」

物があふれている時代に、わざわざ手づくりする意味ってなんだろう?
それは、ただただ「楽しいから」では、ないでしょうか。

先生の一人「つみきさん」のお話を聞いて、そう感じました。

つみきさんは、元保育士で、ひょんなことから大工仕事を始め、物づくりの楽しさにはまっていきます。「この工具、かっこいいでしょう!」と、打ち合わせ中も楽しげにお話されていて、その表情はとても輝いていました。2019年には、木工作品やワークショップをしながら物づくりの楽しさを広める活動をする女子DIYチーム「MISSTON」を立ち上げます。



今回の授業では、MISSTONのキャンプテン・つみきさん、マネージャーの真希さん、部長の駒田さんを先生に迎え、自分だけのフォトフレームをつくります。



最初にいろいろな種類の古材から、自分の好みの物を選びます。そして、先生にもサポートしていただきながら、特殊な機械や道具を使って木を切ったり、削ったりしていきます。



教室は特別に、MISSTONの活動をあたたかく見守る部長の駒田さんの工房をお借りします。見たことのない工具や機械がたくさんありますよ!(機械を使うにあたり危険が伴う作業は先生にお願いしつつ、安全性が担保されている工程は生徒さん自身に体験していただきます)



つみきさんいわく「実はフォトフレームづくりには、家具製作の基本が詰まっている」のだとか。DIYの入門編にぴったりだそうです。

お昼ご飯もみんなで食べて(大工の現場飯的な感じです!)、つくる楽しさを一緒に体感してみませんか?

<スケジュール>
10:15 受付開始
10:30 授業開始・導入
10:40 フォトフレーム作り開始
12:00 お昼
13:00 作業開催
15:00 授業終了

【授業コーディネーター】
大野嵩明
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/541/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

MISSTON /

「私もやってみたい!」という好奇心から始まったものづくり。その楽しさをみんなにも感 じて欲しいという思いから始めたDIY女子チームMISSTON (ミストン)。 主にオリジナル木工作品での出店やワークショップを続けている。 WS参加者から部員になる人もおり、経験問わずそれぞれ自由な関わり方で成り立っている。 インスタグラム @misston_diy 部員募集中!

都築みき(つみき) / キャプテン

「MISSTON」発起人。元保育士。手仕事に強い関心を持ち、大工仕事を始める。 もともと、不器用でのんびり屋の性格ではあるがそれを武器に「保育と大工」「私にもでき るものづくり」と、ならではの発想で自由に取り組む。 ゲストハウスのますきち(瀬戸市)、kabo(豊田市)に大工仕事で関わり、現在はさらなる追求 を求め、駒田尚人氏の下で大工仕事、家具作りを学んでいる。 インスタグラム @tsuzuki_miki

駒田尚人(ドビー) / 部長

デザインを学んだのち大工、木工職人として 10年以上の経験を持つ。 内装や家具作りの工房komada wood worksを主宰。 現在は新たに自身のプロダクトブランド doB((ドビー))を立ち上げ、 空間デザインから施工、家具、 ビジュアル的な要素まで総合的に活動している。 今年4月には自身が総合ディレクション、 運営をするカフェXIII((トレズ))を 本山四谷通にオープンする。 インスタグラム @dob_myself @xiii_motoyama

橋本真希(真希) / マネージャー

保育士、カフェ店員を経て、現在は保育園で子どもたちにごはんを作るしごとをしている。 子どもの頃、実家を自分たちの手でリノベーションしたり、家具は父作の物が多かったりとDIYが身近にある環境で育つ。 アイデアマン!いろいろ実践中。普段はなかなか動けないが、いつもやる気はいっぱい!

今回の教室

doB 工房

住所:489-0951 愛知県瀬戸市石田町284

地図を見る

doBdesignの工房です