授業詳細

CLASS


神社旅で街と縁を結ぶ!神社旅学〜大須商店街編〜

開催日時:2020年04月11日(土) 13時30分 ~ 15時30分

教室:大須商店街

申込受付中(抽選)

先生:あいば たいき / 神社旅メディア「sanpai.」プロデューサー

カテゴリ:【カルチャー/くらし/まち歩き/歴史・文化】

定 員 :10人

※参加費無料(毎月第二土曜日は「大ナゴヤの日」として参加費無料の授業を開催しています。)
※集合・解散の場所は三輪神社前(https://goo.gl/maps/ugEDZHwemwkmHkJi8)となります。
※本授業の抽選は2020年3月30日(月)に行います。(抽選予約受付は3月29日(日)12時までとなります)
神社に参拝をし、参拝後のスッキリとした気分で街を巡ることで、これまで見えなかったまちの魅力が見えてくる!今回は、大須を舞台にそんな地域の魅力を見つけにいきます。この授業が終わった頃、神社のことをちょっぴり詳しくなったあなたは、あなたの住む街やよく行くスポットにいつもと違った楽しみ方見つけられるようになるはず!

恋愛運上昇、商売繁盛、パワースポットと、神社は何かパワーをもらいたくなる時に立ち寄る場所として何かと話題になったり、御朱印めぐりやくじ引き、運試し、お守り買ったり、何かと訪れる機会はあったと思うのですが、それを更に面白くしちゃおう!というのが今回の授業です。


今回、神社と街を旅するコツを教えてくれる先生は「sanpai.」という神社旅を提案するメディアのプロデューサー、あいばさんです。sampai.はお守りや鳥居、神社のルーツなど、神社巡りの楽しみ方を様々な角度から提案するメディアです。

もともと神社というものは、その地域を守るために建てられていることが多く、その地域の神社のルーツを知ると、街の面影が見えてくる。そうやって改めて自分達の暮らす街を見つめてみると、その街がさらに好きになる。

ナゴヤ圏は開発が進み、どんどん新しいものが建ち、街の様子は変わっていってしまうけれど、その変わる様すらも神社は見守っている。そんな街を見守る神社に訪れてみて、地域の素晴らしさを再発見しましょう。

そして最後は、大須商店街に繰り出します。大須は大須観音(お寺)のイメージがあるのですが実は神社もたくさん点在しているのです。なぜ、お寺のまちに神社があるのか、、、そんなことも考えながらまちを巡るのも、楽しいかもしれませんね。
神社の楽しみ方、そして神社を通してまちの魅力を再発見しましょう!


<スケジュール>
13:10 - 受付開始:三輪神社
13:30 - 集合・挨拶・説明(10分):三輪神社
13:40 - 日本最古の神社「大神神社」の分社「三輪神社」へ〜矢場町の由来を知ろう!
14:10 - 名古屋の総鎮守「若宮八幡社」へ〜「名古屋の街」を見守る神社へ行こう!
14:40 - 名古屋城の城下町「大須」を散策〜神社を知れば、まちの見え方が変わる?大須の街を巡ろう!
15:20 - フリカエリ・感想共有:大須観音前
15:30 - 解散


【授業コーディネーター名】
山田卓哉
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/542/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。
この授業に申し込む

先生

あいば たいき / 神社旅メディア「sanpai.」プロデューサー

一年で200社ペースで全国の神社へお参りしている。 1987年三重県生まれ東京育ち。WEBやグラフィック、アプリなどの制作ディレクターを行いながらWEBマガジンの編集などで活躍中。20代は7年間沖縄に住み、観光振興を目的とする制作のほか、沖縄移住を応援するWEBマガジン「おきなわマグネット」編集長としてメディア発信に携わった後に、2019年から三重県津市に移住し、全国の神社を巡りながらインスタグラムメディア「sanpai.」を発信。現在WEBマガジン版&動画版「sanpai.」を準備中。神社を目的地とした旅をテーマにした「神社旅」を提案している。

今回の教室

大須商店街

住所:

大須観音の門前町として、東西約600メートル、南北約400メートルで囲まれた区域内にいくつもの道路が交差し、その主な通りには連坦性を持った9つの商店街が形成されています。9つの商店街には約400店舗、地区内全体では約1100店舗が集積し、賑わっています。現在、若者から高齢者まで多種多様なニーズにこたえようと「大須ブランド」を構築しています。