授業詳細

CLASS


みんなで学ぼう〜ミライの場づくり。お店のこれから

開催日時:2020年07月11日(土) 17時30分 ~ 19時00分

教室:オンライン開催

受付期間終了

先生:岩崎達也 / 株式会社マガザン代表取締役
今尾真也 / 株式会社リトルクリエイティブセンター代表取締役
松田雄基 / 株式会社IMOM代表取締役

カテゴリ:【くらし/オンライン】

定 員 :30人

※本授業は毎月第二土曜日に開催される「大ナゴヤの日」の授業として、参加費無料で開催されます。
※本授業の抽選は2020年7月1日(水)に行います。(抽選予約受付は6月30日(火)までとなります)
※抽選後、キャンセルの発生や残席がある場合は7月10日(金)まで先着で受付いたします。
※本授業はオンラインで行います。事前にZoomのインストールをお願いします。PC(またはスマートフォン)、イヤホン(推奨)の準備をお願いします。
※お申込みに際して当日視聴していただくための動画配信URLをお送りします。前日になってもメールが届かない場合は、dai-nagoya@univnet.jp までお問い合わせください。
緊急事態宣言や新型コロナウイルス感染の影響下で、当たり前のように送ってきた生活は変化して、まちにある様々な施設やお店はとても苦しい思いをしていました(もちろん現在進行形で大変だと思います)。企業に関してはオフィスを手放したという話題もありました。

そんな中、それでも前向きに次の取り組みに挑戦したり、日常を取り戻そうとやれることを続けている人たちもいます。

「みんなで学ぼう」第3弾では、大ナゴヤ圏の内外で地域のお店や場を営む方々をゲストにお招きし、これからの店舗の持ち方、商いをする場の拓き方について話せる時間をつくります。

ゲストの1人目は京都で活躍する「マガザンキョウト」の岩崎さん。ゲストハウスやセレクトショップなどの機能が詰まった複合施設であるこの場所は“泊まれる雑誌”をコンセプトに京都のローカルカルチャーを発信するこの場所では様々な雑貨や道具を取り扱っています。コロナ禍のタイミングでオンラインの比重を増やしていくことに決めたマガザンキョウトのこれから。楽しみです。

2人目は福祉やコーヒーの分野で活躍する「IMOM」の松田さん。
社会に“寛容”をつくっていくIMOMは就労継続支援B型や、スペシャリティコーヒーを扱うIMOM COFFEE ROASTERSの運営、そしてレンタルスペースIMOM SPACEなど多岐にわたる活動をしています。「場所」が必要となる松田さんはこれからの店舗やオフィスなどの施設運営についてどのように考えているのでしょうか。

そして、3人目は岐阜のデザイン会社「リトルクリエイティブセンター」から今尾さん。
岐阜市にあるALASKA BUNGUや各務原市のKAKAMIGAHARA STAND、東京には岐阜ホールと様々な地域で店舗運営に携わる今尾さん。まちや都道府県を越えて多地域で展開している中で今をどのように捉えているのかお伺いします。

以上3名の、様々なバックグラウンドを持った先生方にお集まりいただき、それぞれの視点から現状の課題やこれからの展望を聞いてみます。生徒の皆さんには正解のないこれからをどうやって乗り越えていくのか、ヒントが見つかる場所をお届けします。


<スケジュール>
17:20 - 受付開始(zoom接続、諸注意事項の共有など)
17:30 - 授業開始・導入
17:40 - 先生紹介
18:00 - クロストーク
18:45 - 終わりに


【授業コーディネーター】
山田卓哉
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/550/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

岩崎達也 / 株式会社マガザン代表取締役

1985年生、兵庫県三木市出身、山田錦農家の長男。京都市在住。京都大学サービスMBA講師。京都精華大学非常勤講師。 上京しリクルートコミュニケーションズ、楽天を経て2014年京都へ移住し、ロフトワーク京都に勤務。いずれも新規事業開発ディレクターとして従事。 2016年、泊まれる雑誌マガザンキョウトをクラウドファンディングを活用し起業、編集長と町内会長を務める。雑誌の特集のようにシーズン毎に空間で様々な企画を展開。京都起業家大賞優秀賞等を受賞。 100を超える様々なプロジェクトの受け皿として、2017年株式会社マガザンを創業。

今尾真也 / 株式会社リトルクリエイティブセンター代表取締役

1985年岐阜生まれ。株式会社リトルクリエイティブセンター代表取締役。2014年に同級生3人で株式会社リトルクリエイティブセンターを創業。街づくりを中心にデザインからディ レクションなどを行うクリエイティブ会社。その他にも「ALASKA BUNGU」や「さかだちブックス」の運営・デザインや「KAKAMIGAHARA STAND」「やながせ倉庫団地」の共同運営・デザインなども行う。2019年7月から新たに「岐阜ホール」をオープンさせる。

松田雄基 / 株式会社IMOM代表取締役

1990年生、愛知県名古屋市出身、名古屋市在住。中区錦2丁目長者町繊維街の青長会会長を務める。 高校生の頃より福祉について学び、児童、障害、高齢どの分野でも従事。 2016年に起業し、障害福祉事業とコーヒー事業を始める。2018年には長者町でも拠点を構え寛容なまちづくりをコンセプトに企画を展開。現在は約30の地域の企業・団体とパートナーシップを組み、精神科のドクターやベンチャー企業とタイアップしたプロジェクトを進行中。2020年9月には南区で新店舗をオープン予定。

今回の教室

オンライン開催

住所:

※オンラインで行います。事前にZoomのインストールをお願いします。
PC(またはスマートフォン)、イヤホン(推奨)の準備をお願いします。
https://zoom.us/
※後日、申込みいただいた方に当日視聴していただくためのZoomのURLをお送りします。前
日になってもメールが届かない場合は dai-nagoya@univnet.jp までお問い合わせください。