授業詳細

CLASS


想像力で100年前にタイムスリップ!「文化のみち」の近代建築から異文化を体感しよう

開催日時:2022年06月05日(日) 10時00分 ~ 12時00分

教室:東区「文化のみち」界隈

申込受付中(先着)

先生:伊藤喜雄 / NPO法人 橦木倶楽部理事 / なごや歴史ナビの会 / 名古屋城観光ガイドボランティア

カテゴリ:【まちシル】

定 員 :15人

【参加費用】
お一人様:2,000円頂戴いたします。(保険料含む)集合時にお支払いください。
※別途入館料(橦木館・二葉館共通券:大人320円)を各自ご用意ください。

【集合・解散場所】※授業開始15分前から受付を開始します。
集合場所:文化のみち橦木館(名古屋市東区橦木町2-18)
※地下鉄桜通線「高岳」駅1番出口より北に徒歩10分程
https://www.shumokukan.city.nagoya.jp/
解散場所:白壁周辺

※当日はイヤホンガイドを使用します。ご自分のイヤホンをお持ちの方はご持参ください。
※申し込んだ授業をキャンセルされる場合、キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生します。詳しくはこちらのQ&Aをお読みいただき、申し込み前に必ずご確認ください。
※感染症予防および拡散防止対策への取り組みに関しては、「感染症予防および拡散防止対策への取り組みについて」、申し込み前に必ずご確認ください。
※本授業は、2022年6月3日(金)12時まで先着受付いたします。
「まちシル」は「歩くまちには、何がある?」をキャッチコピーに、まちを知ることを楽しむまち歩き形式のプロジェクトです。身近にあるまちのおもしろさを、さまざまな視点から見つめます。

名古屋の近代化の歩みを伝える建造物が多く残るエリア「文化のみち」。なかでも、東区の白壁・主税・橦木の一帯は「町並み保存地区」に指定され、文化人・財界人が暮らした屋敷が立ち並びます。

陶磁器貿易商として活躍した井元為三郎の邸宅「文化のみち橦木館」や、“日本の女優第1号”川上貞奴の邸宅を移築復元した「文化のみち二葉館」など、レトロな近代建築の見どころがいっぱい。その建築美を眺めるだけでも楽しいのですが、今回はもうちょっと踏み込んで「異文化」を体感してみましょう!

たとえば、二葉館は「和洋折衷式」なのに対し、橦木館は和館と洋館がつながった「和洋並置形」。日本と欧米の生活様式の違いをわかりやすく比較できる、貴重な近代建築なんです。

館内をよく観察してみると、あちこちに面白い発見が。洋館と和館で窓の位置が異なるのは、椅子に腰掛ける欧米と畳に座る日本では目線の高さが違うから。なんでこんなに低いところに窓が付いているの?そんな小さなことにも意味があるのです。

最近では日本でも欧米と変わらない生活文化が浸透しているため、現代を生きる私たちが洋館に入っても、違和感を持たないかもしれません。だからこそ、想像力をはたらかせてみましょう。頭の中を100年前にタイプスリップさせ、かつての日本と欧米を行き来してみれば、きっと見えなかったものが見えてくるはず。

案内してくれる先生は、「なごや歴史ナビの会」や「名古屋城観光ガイドボランティア」でガイドとして活躍し、橦木館の保全・管理や発信をする「橦木倶楽部」の理事も務める伊藤 喜雄さんです。

まち歩きは橦木館の見学からスタート。続いて二葉館を見学し、旧豊田佐助邸、旧春田鉄次郎邸、櫻井家住宅などの歴史的建造物が軒を連ねる町並みを歩きます。

「好奇心・想像力・疑問をもとに物事を調べ、自分が感じた印象も含めてガイドをするのがモットー」という伊藤さんのユニークな解説を聞きながら、そこに浮かび上がる異文化をじっくり観察してみましょう。

<当日のスケジュール>
9:45  受付開始 
10:00 授業開始
     文化のみちとは?異文化が同居する近代建築について先生より解説
     まち歩きスタート!(「橦木館」館内見学→「二葉館」館内見学→町並み保存地区を歩きながら歴史的建造物を案内)
12:00 授業終了・解散


【授業コーディネーター】齊藤美幸
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/629/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。
この授業に申し込む

先生

伊藤喜雄 / NPO法人 橦木倶楽部理事 / なごや歴史ナビの会 / 名古屋城観光ガイドボランティア

長年、自営で建築関係の仕事を続けてきましたが、仕事を辞めた後にすぐできることの準備を模索していた現役中に、第1回目の名古屋城観光ボランティアガイドの募集を発見。元々、中世・戦国期の城が好きだったことから、近世城郭も良いかと応募し、採用されたことがガイドを始めるきっかけとなりました。まち歩きの面白さや楽しさを知り、ジャンルを広げ、縄文から近代までのガイドをするように。お客様の「ありがとう」がガイドを続ける励みになり、新しいガイドネタを今も探しています。

今回の教室

東区「文化のみち」界隈

住所:名古屋市東区白壁・主税町・橦木町周辺
地図を見る

江戸時代からの地割りが継承されたこの地域では、明治時代にはその敷地を活用した工場がたくさん建ち、産業が盛んになりました。大正時代から昭和初期にかけては、企業家たちが立派な邸宅を構えたといいます。現在も、武家屋敷の面影と近代建築が織り成す、美しい町並みが残っています。