大ナゴヤ大学

授業詳細


終了しました

まちのシゴト体験〜おいしいパンケーキの秘密に迫る〜


開催日時:2018年01月13日(土) 14時00分 ~ 16時00分
教室:布袋食糧株式会社
先生: 岩田宏二 / 布袋食糧株式会社
和田訓幸 / 布袋食糧株式会社
磯村考輔 / 布袋食糧株式会社
カテゴリ:【食】
定 員 :15人

  • 授業情報
  • レポート
  • フォトレポート
  • コメント・トラックバック
※参加費として1,000円を頂戴します。(パンケーキ代金など含む)
※中学生・高校生の参加も可能です。
※小学生以下の参加は、つなぎのサイズがないため工場見学ができない場合があります。

※名鉄犬山線「布袋駅」から徒歩20分程。
※駐車場について:駐車場はありますので、お車までお越しいただいても大丈夫です。
※持ち物:簡単な調理をおこないますので、エプロン、タオルをお持ちください。
※服装:ズボンなどでお越し下さい。(工場に入る際に、つなぎを服の上から着ます。)
大ナゴヤ大学×愛知コムギ体験隊さんとの国産小麦「きぬあかり」をキーワードに、
様々なまちの先生に出会っていくシリーズ企画の第4弾。

今回は、小麦を製粉してパンや麺、菓子をつくり続けてきた、
創業70年の”布袋食糧”さんを訪問します!
最近は、”おやつキング”、”よいことパン”など新しいブランドも展開しています。

触れることの少ない製粉や製パン・製菓などに関わる仕事。
今回は特別に、普段は見ること・入ることができない会社や
工場に潜入する1日限定のシゴト体験プログラムとして開催します。

まず始めに、小麦のこと、国産小麦を使った取り組みのことなどを、
布袋食糧の岩田さん、和田さんから学びます。

続いて、製パン・製菓工場を見学。

食品工場は、衛生管理も大切な仕事。
工場に入る前に、不織布でできたつなぎに着替え、
髪の毛が入らないように帽子を着用し、手洗いもしっかりします。
途中、エアシャワーも浴びます。

たくさんの行程を経てやっと工場内に入ることができるのです。

当日は工場の稼働日ではありませんが、
磯村さんにじっくり工場内を案内していただきます。

それが終わると最後に、布袋食糧さんがつくっている愛知県産小麦「きぬあかり」
を使った「ボンヌ ファリーヌ」と一般的に使われている小麦を使ったパンケーキを、
試作・試食します。

そこで、2つのパンケーキの評価試験をおこなっていだだきます。
また石臼を使って、小麦から粉にする過程も少しだけ体験していただきます!

授業が終わるころには、製粉や製パン・製菓に関わる仕事が
どんなことをしているか見えてくるはず。

食に関わる仕事に興味がある方に加えて、国産小麦が気になっている、
パンケーキが好きな方など、お気軽にご参加ください。

【タイムテーブル】
13:30 受付開始
14:00 授業開始、導入、自己紹介
14:10 講義(小麦のこと、小麦を使った商品開発のこと)
14:35 工場に潜入
15:05 研究しよう(パンケーキ試作、評価)
15:55 写真など
16:00 終了

【企画協力】
愛知コムギ体験隊(愛知県製粉協会)

----------
本企画は、愛知コムギ体験隊さんとのコラボ企画の第四弾になります。
2017.10.14.ベジスイーツから考える食のこと、地域のこと
2017.11.11.理想の”うどん”を追い求めて~こだわりのうどんを追求する店主から学ぶ国産小麦のこと、うどんのこと~
2017.12.09.20年以上続くまちのパン屋さんからおいしく学ぼう!〜パンのこと、パンに関わる仕事のこと〜

授業コーディネーター:大野嵩明

岩田宏二 / 布袋食糧株式会社

名城大学農学部を2007年3月に卒業。その年の4月に布袋食糧株式会社に入社。入社後は業務を通じ小麦原料、小麦粉の2次加工を学ぶ。開発部では商品開発、テクニカルサービスを行った。自社商品だけでなく取引先とも共同開発した。現在は、職歴を活かしメーカー営業として業務に励んでいる。

和田訓幸 / 布袋食糧株式会社

1954年名古屋市生まれ。63歳。大学卒業後布袋食糧に入社40年勤続。パン、和菓子、洋菓子、米飯の製造を担当する。天然酵母パンの量産ライン、ライスバーガーの製造ライン立ち上げおやつキングの開発に携わった。現在、布袋食糧株式会社監査役・株式会社ブレッドバスケット技術顧問

磯村考輔 / 布袋食糧株式会社

1979年生まれ 38歳 名古屋工業大学卒業後 布袋食糧株式会社に入社。製粉工場、ミスタードーナツ事業部、総務部、新規事業部を経て、江南工場配属。現在HACCP委員長として、HACCP認証取得に携わる。

今回の教室:布袋食糧株式会社

住所:〒483-8244 愛知県江南市五明町高砂159

※名鉄犬山線「布袋駅」から徒歩20分程。
※駐車場について:駐車場はありますので、お車までお越しいただいても大丈夫です。
地図を見る

戦後間もない昭和21年、食糧事情の緩和に奉仕するために近隣の農家で生産された小麦を製粉してパンや麺、菓子に加工することからスタート。創業時から自社でパンや麺、菓子などに加工することを前提として製粉を始めた会社は珍しく、このDNAが現在となっても小麦の2次加工に立脚した製粉技術となって受け継がれている。
布袋食糧ホームページ

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/408/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

大ナゴヤ大学のTwitter

大ナゴヤ大学のfacebook

大ナゴヤ大学のインスタグラム