授業詳細

CLASS


毎日に「余白」つくれてる?コロナ時代の「自分時間の過ごし方」を考えよう!

開催日時:2020年10月03日(土) 14時00分 ~ 15時30分

教室:Hisaya-odori Park 「シバフエリア」

終了しました

先生:尾藤 雅士 / 株式会社BEANS BITOU 代表取締役、焙煎士
岡本 ナオト / R-pro/yamory 代表

カテゴリ:【くらし、コミュニケーション】

定 員 :20人

■授業について
※2020年10月2日(金)まで先着順でお申し込みを受け付けます。
定員 20名
参加費 1,000円
参加者特典:6種のドリップパックのロゴカードをプレゼント!
     授業中に1drinkお召し上がりいただけます。
STAY HOMEが日常になり、生活の中に一息つく時間をつくれなくなっていませんか?

働き方の変化は、私たちのライフスタイルにも変化が起きてています。例えば、自宅と職場や学校を行き来する移動時間、打ち合わせの合間のカフェで過ごす時間、帰路につく前の友人や同僚との何気ないひととき。これまでは日々の生活を区切る時間が意識せずともありました。しかし、リモートワークが広まり、生活と仕事の場の境目がなくなってきている今、毎日忙しかったり、何かに追われていたり。私たちの暮らしには自分らしく過ごせる「余白」が必要なのではないでしょうか?

そんな「余白」をドリップパックコーヒーを広めることで実現しようとしているBLAN.CO(ブランコ)。その仕掛け人であるR-proの岡本ナオトさん、BEANS BITOU(喫茶ニューポピー)の尾藤さんのお2人を先生として迎えます。

教室は、久々に野外教室!
リニューアルした久屋大通公園北側エリア「学びの森 - シバフヒロバ」の芝生に腰を下ろし、ゆったりとした時間を共有しながら、考えをめぐらせましょう。

授業では、ウエルカムドリンクとして、開発中のコーヒーを提供。
コーヒーの産地や焙煎度合いははもちろん、パッケージの「色」や「デザイン」を見たときの「フィーリング」で選ぶのも楽しみのひとつ。6種類の中からその日気になる一杯を選んでいただきます。

そして、先生2人からBLAN.COのコンセプト「ブランコに乗るような15分の余白」についてお伺いします。二人が提唱する余白「大人も子どもも、公園でブランコを見つけた時のトキメキ。そして実際に乗った時の楽しさやリラックス感」や「忙しい毎日、ストレスの多い日常の中に、ホッと一息つけるような、一度リセットできるような余白」について聞いてみましょう。

最後には、参加生徒のみなさんで日々の暮らしの中で「余白」をどうやったらつくれるのか、どんな過ごし方が理想的なのかお話ししましょう。誰かの余白の過ごし方に、自分にとってリラックスできるヒントがあるかも。


ドリンク片手にみんなで「自分時間の過ごし方」を考えませんか?
コーヒーを淹れることで生まれる日常の余白をみんなで楽しみましょう。

<スケジュール> 
13:40 受付
14:00 自己紹介
14:10 ウェルカムドリンク
  (BLAN.COのコーヒー6種の中から好きなドリンクを選ぼう!)
14:30 BLAN.COって何?余白について
15:00 「自分の余白の作り方」を考えよう!
   芝生に寝そべったり、ハンモックに揺られたり。
15:30 終了


【授業コーディネーター名】
山田卓哉

まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)https://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/557/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

尾藤 雅士 / 株式会社BEANS BITOU 代表取締役、焙煎士

喫茶店生まれ喫茶店育ち。9年前に家業の喫茶ポピーを継ぎさらに専門性を高めるために株式会社BEANS BITOUを設立、喫茶神戸館をオープン。名古屋市内、東京、広島などなど全国約50店に焙煎豆を卸している。産地として注目度の低いミャンマーの少数民族とのコーヒー作り、障がい者施設とフェアトレードを掛け合わせたトリココーヒーなどコーヒーの未だ見ぬ可能性を形にしている。幼少期から相撲をテレビ観戦して相撲ファン歴30年。コーヒーよりも相撲を熱く語る。 http://b-bitou.com/

岡本 ナオト / R-pro/yamory 代表

神奈川県大和市生まれ。高校までプロ野球選手を目指すが挫折。部室の片隅に書いてあった落書き、「人生のレギュラー」が今でも座右の銘。 株式会社R-pro代表取締役。「デザイン」「ボウサイ」「マチヅクリ」「スポーツ」「クラウドファンディング」の5つの十八番で社会課題の解決や改善の事業を展開している。2019年10月からはなごのキャンパスの運営チームに、2020年4月からはN2/LABの事務局としても活動中。
R-pro WEBサイト:http://rpro4dp.com
yamory WEBサイト:http://yamory.com

今回の教室

Hisaya-odori Park 「シバフエリア」

住所:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目6−番18号 RAYARD Hisaya-odori Park
地図を見る

リニューアルした久屋大通公園北側エリア
Hisaya-odori Park 学びの森 シバフエリア
芝生の上で寝転がったり、かけっこしたり。
思い思いに過ごせます。
公園には貸し出ししてくれるハンモックや日除けも。