授業詳細

CLASS


はじまりは一本の糸から~「ひょうたんカフェ」の挑戦から考える福祉のこと、はたらくこと~

開催日時:2019年09月14日(土) 10時00分 ~ 11時30分

教室:MACHEN(マッヘン)

終了しました

先生:井上 愛 / NPO法人ひょうたんカフェ 副代表理事・多機能事業所(生活介護・就労継続支援B型)管理者兼サービス管理責任者/ ふくしのふりや

カテゴリ:【くらし】

定 員 :12人

※参加費:500円(ドリンク、焼き菓子<ひょうたんカフェ>)

※本授業の抽選は2019年8月30日(金)に行います。(抽選予約受付は8月30日(金)13時までとなります。)
※抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2019年9月13日(金)13時00分まで先着順でお申し込みを受け付けます
「福祉ってなんだろ?」

福祉の仕事をしている方や関わっている方に、出会う機会が増えてきました。それもあってか「福祉ってなんだろ?」っと考える時間が、以前よりも増えたように思います。

自分では気づかないうちに「福祉」は、身近な存在になってきているのかもしれない。いつの日か「福祉」という言葉はなくなっていくのだろうか。

このように感じるのは、私だけなのか、そうではないのか?

今回の授業では、「ひょうたんカフェ」の井上さんを先生に迎え、最初に、井上さんが福祉の仕事に関わるようになったきっかけや、事業を立ち上げた想いなど伺います。

井上さんは、「さをり織り※」と出会い、当時勤めていた障害者施設の一角で知的に障害をもつ方々と一緒にさをり織りを始め、その後独立します。この活動を通じて、「できないを手伝うから、できるを見つける」、「仕事を人に合わせるから、人に仕事を合わせる」など、考え方が変わったといいます。



「福祉」の話だけれども、なんだかこれからの「はたらく」の話をしているようでした。

井上さんのお話を聞いた後、改めて「福祉」や「はたらく」ってなんだろ?っと、皆さんと対話していきます。

気軽に「福祉」のこと、「はたらく」ことについて、考えてみませんか?


※「さをり織り」は、1972年に大阪の主婦、城みさをさんによって生みだされた最も簡単な「はた織り」のひとつです。「さをり織り」の理念は、「教えないで引き出す」「思いのままに織る」。色彩や素材・織り方も自由という制約のないところが、既成概念にとらわれない障がいを持つ人たちにも向いており、感性豊かな作品が全国で次々生まれている。


【スケジュール】
9:45 受付開始
10:00 授業開始、自己紹介
10:20 講義(福祉の仕事に関わるようになったきっけ、事業を立ち上げた想いなど)
11:00 感想共有、ワーク
11:30 終了

授業コーディネーター:大野嵩明
まだレポートはありません。
まだレポートはありません。
 

この授業への皆さんからのコメント

コメントがありません。 ご質問・ご感想など、コメントをお書きください。
コメントを投稿するには、会員登録した後、ログインして頂く必要があります。

この授業への皆さんからのトラックバック

トラックバックがありません。

トラックバック用URL

トラックバック
上の画像の英数字を、上記テキストボックスのurlのあとに入力して送信してください。
例)https://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/trackback/507/a1b2c3d4e5
また、トラックバックは承認制のため表示に多少時間がかかります。

先生

井上 愛 / NPO法人ひょうたんカフェ 副代表理事・多機能事業所(生活介護・就労継続支援B型)管理者兼サービス管理責任者/ ふくしのふりや

中村区で障害のある方の手織り活動に携わって20年。最近では、鳴海絞り、地域の伝統産業と障害のある方の手仕事を繋げる可能性を探っている。

今回の教室

MACHEN(マッヘン)

住所:名古屋市中村区名駅南1丁目16-25 第3森ビル3階

※名古屋駅より徒歩10分程
地図を見る